これは、nanoだけでなく、iPod全般、iPhoneにも当てはまることなのですが、sonyのウォークマンに比べると、アップル社の製品は音質が悪いという話をよく聞きますよね。
この問題は、次の方法で簡単に改善できると思っています。 
  • CDからitunesにインポートするときは、最低でも「iTunes Plus」形式の256kbps・VBR(可変ビットレート)でインポートする(これでも満足できない場合は、「Appleロスレス」の可逆圧縮でインポーすれば、CDと同じで音質の劣化は一切ありません)。
    ⇒「編集」を選択⇒「一般」を選択⇒「CDをセットした時の動作」の「インポート設定」で、「itunes plus」を選択。
  • iPodに添付のイヤフォンはあまりにひどいので、別途に購入する。(わたしの場合は、ボーズの「Bose in-ear headphones」をメインに使っています。)
ボーズ
 「Bose in-ear headphones」

先日、ミナミのビックカメラで展示中のウォークマンで音楽を聞いたら、わたしのnanoの方がずっとクリアでメリハリのある音がでていると思いました(もちろん、イヤフォンが違うので単純に比較はできないのですが。ただ、ボーズのイヤフォンは、ジャズやクラシック音楽にはあまり向いていません)。

iPod用のイヤフォンに関しては、いろいろと悩みますね。ジャズやクラッシックの再生がよくて、簡単に断線しないものがあれば、少々高くても買いたいと思っているのですが。

(追記)
itunes plusでインストールした場合のファイル容量ですが、「256bps=32キロバイト」ですから、これで5分間の音楽をインストールすると、32キロバイトの300倍「5分=300秒」で、約9.6メガバイトになります。

参照記事 videora iPod converterでflvファイルをmpeg4にコンバートする
     
スポンサーサイト
いろいろと忙しく、久しぶりの更新になります。
定期的に来訪される方もおられて、更新が遅れていることは申し訳なく思っております。

先日、第5世代のiPod nano(16ギガバイト)を買ってきました。

いままで、第4世代のnano(8ギガバイト)を使っていたのですが、動画を入れたりすると、どうしても容量が足りないと感じていましたから。

今の時期、世間の注目はiPadに集中しているので、今さらなのですが、iPod nanoのレビュー記事を書いてみようと思っています。

お店では、iPod touch 64gbを買おうかなとも迷ったのですが、それだと携帯を2台持ち歩くようなものだから、それは避けたかった。
それに、iPod touchの機能のほとんどは、自分には必要ないと思ったから。
ゲームをやろうと思わないし、ほとんどのことは携帯で代用できると思ったから。

(わたしが携帯に求める機能は、快適にインターネットが出来ることよりも、カメラ、ワンセグ、お財布代わり、防水、ソーラ充電機能などですね。)

やっぱり、携帯と一緒にいつも持ち歩くものだから、iPod nanoのような小さいガジェットの方がいいですね。
たまに、デジカメも持ち歩くことがあるので、それだと携帯にデジカメ、iPodになりますからね。
そうした場合でも、iPod nanoはポケットでもカバンでもジャマになることはありませんから。

新しいiPod nanoについた機能。

1)FMチューナーが付きました!

どうせなら、FMの録音機能も付けて欲しかったですね。

2)ビデオの録画機能も付きました。

これに関してはちょっと微妙ですね。(ビデオの記録形式は、MPEG-4 AVC/H.264。記録解像度は640×480ドット、レートは30fps。)
外国では評価されるのかもしれないけれど、日本で動画を撮ろうと思えば、日本の携帯には、はるかに高機能な録画機能が付いているはずですから。
docomoから今年の夏モデルで、フルハイビジョン(1920×1080)で録画できる携帯(SH-07B)も発売されるみたいですしね。
iPod nanoにはこうした機能を付けるよりも、容量を32ギガバイトにに増やして欲しかったですね。

3)ボイスメモ機能が付きました。

録音専用機に比べれが、音質は落ちますが、そこそこの良い音域だと思いました。
別売りのマイクを購入すれば、(44.1 kHz、ステレオサイズ)でも録音できる模様。
語学学習で自分の発音のチェックしたり、カラオケの練習をするには、十分な性能だと思います。
(以前は、オリンパスのVoice-Trekを使っていましたが、壊れてしまったので携帯の録画機能で、代用していましたから。)

付属のイヤフォンは相変わらずしょぼいので、別売りのイヤフォンを購入する必要があります。

お薦めは、オーディオテクニカのATH-CKM55。
値段的にも手頃ですし、iPod nanoが苦手とする高音域でも、低音域でも拡がりのあるいい音だと思いました。

(語学学習に使うことが多くて、mp3という音の圧縮プレイヤーに音のクオリティをあまり求めていない者の意見です。)

iPod nanoは、ボイスメモ機能も加わったこともあり、外国語の学習(特に英語)に関しては、最高のガジェットだと思っています。
(わたしの場合は、LibriVoxから、著作権の切れた無料の英語のaudiobooksを落としたり、podcastで無料の英語や中国語の学習番組を登録したりして、語学学習にフルに活用しています。また、NHKの語学講座を購入して聞いたりしています。)

ソニーのウォークマンが、mp3端末では最高の音質だと言われており、純粋に音楽だけを楽しみたい人にはソニー製品が一番なのかもしれません。
ただ、わたしの場合は、英語や中国語を学習する上でアップル社のPodCastのサービスはどうしても外せません。

また、今、巷で話題のiPadに関してですが、個人的にはちょっと微妙ですね。
英文を読む場合には、iPadはたしかにキレイで便利だと思いますが、漢字が混在した日本語を読む場合はどうなのでしょうか?

日本語の場合は、印刷されたものの方がやっぱりキレイで読みやすいのではないでしょうか?
現在、日経新聞を購読していますが、日経新聞のweb版を、4千円を払ってまでも購入しようとは思いません。古いタイプの人間なのか、やっぱり、新聞なんかは紙に印刷されたもので読みたいと思ってしまいます。

PA0_0022.jpg

携帯で撮った為、画像がちょっときたないですが、第4世代と第5世代のiPod nano。
アップルにお願いしたいのは、32ギガバイトのiPod nanoを早く発売して欲しいことですね。
ただ、アップルは主力商品をiPadとiPhoneに絞っているみたいなので、これからiPodはどうなるのでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:iPod
ジャンル:コンピュータ