上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風邪で仕事を休んだ。
病院から帰ってきてからは、ずっと家にいた。
暇つぶしに、Podcastから、BBCラジオの" In Our Time Science"のアーカイブを落として聴いていた。
アーカイブの中には、" Calculus "という微積分の誕生に関する話があった。
微積分法の発明の栄誉は、ニュートンとライプニッツのどちらに与えられるのかという話題だった。

これは、非ユークリッド幾何学の発明の栄誉が誰に与えられるのかという話などと並んで、数学史上、最もホットな論争だった。
(⇒ぼくは、数や幾何学や微積分などは、人がたまたま考案したものだという考えによっています。
1+1=2というのは、赤信号で止まるのと一緒で、人が作った約束事。
意地の悪い例を持ちだせば、温度が同じならば、1リットルの酸素と2リットルの水素を足すと、1リットルの水蒸気ができるわけで、1+1=2が当てはまらない現象は、この世界にはいくらでもある。)

昔は、ライプニッツがニュートンの未発表論文を盗作したという非難がなされることもあった。主に、ニュートンの母国のイギリス側から。
いまでは、ニュートンとライプニッツはそれぞれ独自に微積分を編み出したということが判明している。
たぶん、ニュートンは力学的な運動系を考えながら、ライプニッツの場合は曲線とその接線の関係や意味を考えながら、微積分を編み出していったのだと思う。

薬が効いてきたのか、いくぶん体調もよくなったので、久しぶりにブログ更新をします。
書きたいのは、ニュートンとライプニッツのどちらが先に微積分法を編み出したかという話ではなく、かれらの時間・空間認識の違い、アインシュタインの時間認識などについて。この3人は間違いなく、人類の知のスーパースターだから。

あるいは、かれらの考えではなく、かれらが考えたと思う、ぼくの解釈について。

引力の発見や微積分法を編み出したことで有名なニュートンは、絶対時間・絶対空間の提唱者でもあった。
絶対時間とは、「それ自体で、その本性によって、外界のいかなるものと関係なく一様に流れるもの」。
絶対空間とは、「それ自体で、その本性によって、外界のいかなるものと関係なく、不動にあるもの」、たぶん、古典的なユークリッド幾何学が描く空間イメージ。

やがて、ニュートンのこの考えが支配的になる。
この世界のフレームをユークリッド幾何学が示し、そこに存在しているものの運動系はニュートン力学が説明してくれると考えられるようになった。(天上のことはバイブルが、地上のことはユークリッド幾何学とニュートン力学がそれぞれ説明してくれると信じられるようになった。)

これに対して、ライプニッツは猛然と反対した。

ライプニッツによれば、この世界に存在しているもは、相互の順番や関係や変化などを考慮すればいいだけで、「絶対時間」や「絶対空間」という外枠(画家が絵を描くためのキャンパスのようなもの)を導入する必要はない。
後づけの科学知識から判断すれば、ライプニッツの方が正しかった。
後のアインシュタインの相対性理論でも、存在しているもの間の関係から、時空論が構築されていているわけで、「絶対時間」も「絶対空間」も要請されていないから。

時間に関していえば、アインシュタインは、「絶対時間」や均一に流れる時間、さらには、「いま」という時間の特異性さえも否定しているように思う。
あるいは、アインシュタインの相対性理論では、「過去」と「いま」と「未来」は、いつでも実在しているといえるのだろう。
もちろん、それだからこそ、時間旅行が理論的に可能になるわけだし(いまの科学レベルでは技術的には不可能だとしても)。
「現在」だけが存在しており、「過去」はすでに失くなっており、「未来」もまだ来ていないというのなら、時間旅行は理論的にも不可能なはずだから。

たぶん、時間が「過去」と「いま」と「未来」の三つの要素から成り立っているという考えは、正確ではないのだろう。

そして、流れる時間という感覚は、人間に固有の感覚器官の錯覚に基づく「まぼろし」なのだろう。

あるいはカント風にいえば、「時間」とは、ぼくたちが外界を認識するために必要な A priori な形式。
ぼくたちの時間感覚が絶対的なわけではなく、たぶん時間とは、ぼくたちが進化の過程でたまたま身につけた、外界から生存に必要な情報を抽出する機能を備えた器官、その器官に固有の感覚なのだろう。

これは、ぼくたちが進化の過程でたまたま発達させてきた視器官が、電磁波の中のごく一部の周波数を抽出して色彩というアプリオリな形式として認識するようになったのと、まったく同じことなのだ。

たぶん、ぼくたちが「時間」の流れとして捉えている、「過去」も「いま」も「未来」も、居場所が異なっているだけで、いつでも存在しているのだと思う。

参考図書
下の本は、物理学者が書いた「タイムマシン」の作り方について。
誰にでも理解できるように解説されています。
大阪市の中央図書館に英語版があるので、大阪市内に居住している方は借りて読むことができます。




参考記事
「数学をつくった人びと」 byE.T.Bell
英語の時制と、T.S.Eliotの4つの四重奏
スポンサーサイト
テーマ:自然科学
ジャンル:学問・文化・芸術
最近、読んだ本は、
「2020年、日本が破綻する日」 小黒 一正著。(日経プレミアムから出版)
いま、読んでいる英語の本は、
「The map that changed the world, by Simon Winchester」

本当はこれらの本について書きたいけれど、科学ネタや政治経済ネタを書く心の余裕がまったくない。
本の内容を咀嚼しながら、それを自分なりにまとめようとしたら、かなりのエネルギーが必要となるから。。。

今回は、かわりに、iPhone5の噂やauの春の新機種の話などを。

1月16日に、auの春の新機種が発表された。
その中には、Wimax対応のGalaxyがあった。

いまのauは、なんでもありのようだ。
去年、auからWindows phoneとiPhone4sが発売された。
さらには、Docomoに独占的に供給されるものだと思っていた、XperiaやGalaxyさえもが発売された。
これで、Docomoとソフトバンクの売れ筋の携帯が、auでも買えることになった。

アメリカの携帯会社の話をすれば、主要なキャリアは、GMS通信方式(docomo、ソフトバンクと一緒)ではAT&AとT-mobile、CDMA通信方式(auと一緒)ではVerizonとSprint Nextelなど。

これはまったくの噂で確証はないのだけれど、アメリカでは、Wimax対応のiPhone5がSprint社向けに独占的に発売されるそうだ。
これのソース元は、The Wall Street Journalで、あくまでも噂。
アップル社の秘密主義は有名で、実際の製品発表まではその内容を予測するのは、ほぼ不可能だから。

The Wall Street Journalによると、iPhone5が最初にWimax対応でSprint社向けに、一定期間独占的に発売されて、それからVerazon版や、LTE対応のiPhone5がAT&Aなどで発売されるそうだ。
Sprint社は、AT&A社やVerizon社などに比べてユーザ数も少なく、現状を打破するために、アップル社にに200億ドル以上のお金を払って、一定期間、Wimax対応のiPhone5の独占販売権を受けるようにしたという内容。

これが日本にも適応されるのなら、最初に、auからWimax対応のiPhone5が発売されるとことになるのだろうか。

私は、個人的には、LTEかWmax対応していなくて、テザリングもできないような携帯電話は買うつもりはない。
Xperiaに変更しようと思っていたけれど、Xperiaの新機種は、au版ではWimaxに対応していないし、Docomo版ではLTEに対応していない。
いまの携帯(IS03)でもそんなに不満もないから、このまま使い続けようと思った。
もし、iPhone5が画面サイズが4インチ以上で、LTEかWimax対応で出るのなら、欲しいような気がする。

参照記事の一部。
Sprint scores iPhone5 exlusive...
I have been told that Sprint will be getting the iPhone 5 ― yes the real iPhone 5, not the iPhone 4S ― as an exclusive. And it will be a 4G WiMAX device. AT&T and Verizon would launch the iPhone 4S and get the iPhone 5 some time in the first quarter of next year as an LTE device. Globally, the iPhone 5 might be available as a 4G HSPA+ device.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:au
ジャンル:携帯電話・PHS
携帯の夏機種が、Docomo、au、ソフトバンクの各社から発表されました。
その中でも、ソフトバンクの"Aquos Phone 007SHJ"は面白いと思いました。
これは、Android携帯なのに外観はまったく二つ折りのガラケー。キーボタンでの入力も可能だというもの。やっぱり、このカタチが一番持ちやすく、通話も楽ですね。

sb1.png
←Aquos Phone 007SHJ
爪が長くて、タッチパネルが打ちずらい若い女性向けなのかな?
写真のように、ピンク色が用意されているし。。。

だけど、個人的に欲しいのは、Docomoが出すデュアルコアを搭載したGalaxy S2。
本当はソニエリのXperiaシリーズがデュアルコアを搭載していたら、一番に欲しかったのだけれど。
iPhone5がデュアルコアで今秋に発売されるのならそちらの方がいいのかな。
できたら、iPhone5はキャリアフリーで、Docomo、au、softbankの各携帯会社から発売して欲しい。

もっとも携帯の場合は、キャリアの縛りがあるので簡単に買い替えることはできません。
やっぱり2年間使い続けることができるかと、慎重になりますね。
1ヵ月の費用が単純に1万円としても、24万円の購入になるわけですね。


実はいま、携帯よりもパソコンの購入を検討していて、macかwindowsかで悩んでいるところです。

最低でも、CPUはクアットコアで、i7-2720QM プロセッサーくらいは欲しい。
もちろん、フルHD液晶で、ついでにブルーレイドライブも搭載していて欲しい。
メモリは8GBくらいで大丈夫なのかな。

そうすると、やっぱりwindowsマシンになるのかな。。。
余裕があれば、2台欲しいのですが。

参考記事
au IS03の感想とAndroidの英語学習アプリ
読み聞かせデジタル絵本(英語) for Android

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
圧縮・解凍ソフト「LZH」の提供者、Micco氏が同プログラムの開発を中止するという。

パソコン通信とフロッピーディスクの時代、このソフトウェアにはよくお世話になっていました。

当時は、いまみたいにブロードバンドも定額料金制もなかったので、モデムでデータをやり取りするためには、圧縮ソフトは必須のアイテムでした。

日本では、パソコン通信の時代の、de facto standard(事実上の標準)になっていました。

「LZH」で圧縮したファイルがセキュリティソフトのスキャンを回避するという脆弱性は、数年前から、問題になっていました。

この脆弱性は、「ZIP」や「CAB」などの他の圧縮ファイルにもあるはずですが、「ZIP」や「CAB」などの場合は各セキュリティソフト開発会社が対策を行うけれども、何故か「LZH」に対しては対策を行わないそうです。

そして、「企業・団体においての LZH 書庫の利用はお勧めしません」という発表が提供者の側からなされたという報道。

LZH は、マイナーなソフトウェアになってしまったから、あるいは、日本で独自に開発されたソフトウェアは業界の標準にはなれないから?

背景にどういう事情があるのかはよくわからないけれど、MS-DOSの時代から、20年以上にわたってお世話になっていたソフトが使えなくなるのは、残念でなりません。

一つの時代の終焉なのでしょうね。

いままで、無料で、このような素晴らしいソフトを提供されていたことに対して、開発者の吉崎栄泰氏やMicco氏等には心からの感謝と、「ご苦労様」という言葉を送りたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
昔、FEP(front end processer)と呼ばれていた日本語入力システム。
いまは、IME(input method editor)と呼ぶらしい。

ずっと前は、ジャストシステム社のATOKを使っていました。(本当は、管理工学研究所から出ていた「松茸」が一番のお気に入りでしたが、当時使っていた東芝のJ3100シリーズには、対応していなかったので。エディタはEmacsやVZ-editorを使っていました。「松茸」とVZは、アセンブリで書かれていて、とても軽快な動作でした。)

余分な金を払うのが嫌なのと、メインに使っているノートパソコンのキーボードにATOKが馴じまない(ATOKで頻繁に使うTabキーや無変換キーなどが打ちづらい)こともあって、最近まではマイクロソフト社のMS-IMEを使っていました。

いまは、Googleの日本語入力システムを使うようになりました。

ATOKほど賢くありませんが、MS-IMEに比べたら変な変換も少なくてとても快適です!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:Google関連
ジャンル:コンピュータ
あるブログで、過去の記事を持ってきて補足していくというのも有効な方法だと書いてあった。
同じことを繰り返して書くよりは、書いた記事を紹介して、訂正なり補足なりをしていくのは、ブログという媒体にとっては有効な方法だと。

わたしもこの考えに従い、7月12日の記事を再掲載したいと思う。
もうすぐ、windows 7が発売されるが、そもそもOSというものについて、もう一度考え直したがいいのではないかと思ったからだ。

(本文)
パソコンが生まれる以前、まだマイコンと呼ばれていたときから、コンピュータとは付き合ってきました。

あの頃はwindowsもインターネットもなくて、cpuも8bitです。もちろん、OSは付いていません。
英語のアルファベットがやっと表示できるくらいで、日本語の取り扱いは不可能でした。

今では信じられないかもしれませんが、コンピュータで日本語を使えないのは、コンピュータが悪いのではなく、日本語に欠陥があるからだといわれていました。アメリカ帰りのぼくの友人は、日本語廃止論なんかも主張していました。

当時のコンピュータは実用的というより、マニアの為のおもちゃで、機械語やアセンブリ言語で,直接プログラミングをして楽しんでいました。

80年代に入ると、cpuも16bitになり、なんとか日本語も取り扱えるようになりました。

それとともにOSも搭載されるようになりました。
OSはCP/M-86からMS-DOSが主流になり、マイクロソフト社がパソコン業界を支配するようになりました。

さらに、windowsシリーズへと替わり、今年の12月には、新たにwindow 7(たぶん、vistaの評判が悪かったため)が発売される模様。
(window 7は、vistaの改良版みたいなもので、vistaと同じセキュリティー強度を持ち、パフォーマンスも改善されていると、前評判はまあまあいいようです)。

でも、マイクロソフト社からはそろそろ解放された方がいいんじゃないでしょうか!

いまパソコンは買おうとすると、ほとんどのマシンにvistaがプリインストールされており、こちらでOSを選択することもできません。
個人的には、最新のスペックのパソコンで、xpを走らせたら、もっと快適ではないかと思うんですが。

それだと、vistaをアンインストールして、xpのパッケージ版を購入してインストールしなくてはならないわけですね(よく知りませんが、vistaからxpへのダウングレードも可能?)。
こんな余分なお金を払いたくないと思えば、海賊版のxpを使うか、他のOS、たとえば、linuxのUbuntuあたりを使用する以外に方法はない。

ぼくの場合は、マイクロソフト社がxpをサポートしている間は使って、サポートが終了したら、他のOS、多分linuxのFedoraかUbuntuあたりに移行しようかと考えております。アプリケーションソフトの問題もあって、うまくいくかどうかはまだ分かりませんが。

また、Googleから新しいOSが開発しているということだし、これに対しても一ユーザとしては非常に期待しています。

Googleのブラウザの「Google Chrome」をベースとしたもので、立ち上げると即座にブラウザが表示され、ブラウザ内ですべてのアプリケーションが動く、非常に軽量なOSだそうです。逆転の発想ですね。

やっぱり、これからはクラウド・コンピューティングの時代ではないでしょうか?

参照記事⇒googleが新しいOSを開発中

(6月に追記)
iPadやkindleなどの電子書籍が発売されたことだし、書籍も購入するのではなく、端末に落として読む。
OSやアプリケーションソフトもそのデータも、端末にインストールするのではなく、クラウド化してデータを共有化する(セキュリティ対策は、より重要になってくるけれど。)やっぱりこれからはクラウド・コンピューティングのパラダイムがメインの潮流になっていくのではないでしょうか?

ブログランキング参加中!
よろしかったら、クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ 
テーマ:ソフトウェア
ジャンル:コンピュータ
ぼくは、ブログを書く時には、TeraPadとBig Editorを使っています。

日本語の場合はTeraPad、英文を書くときはBig Editorと使い分けています。

TeraPadはあまりに有名なので、ここでは、Big Editorを紹介します。

Big Editorには、ワードラップ機能、英文のスペルチェック、英和辞典、和英辞典が活用できるなど、英文を書くときに必要な機能がひととおり備わっています。

もちろん、ワードやOpenOffice.orgのWriterなどを使えば、スペルチェックは出来ますが、わざわざ重いソフトを立ち上げたくない場合などでは、Big Editorはとても便利なソフトです。

英文を作成した後、スペルチェック機能を選ぶと、順番にスペルチェックをしてくれます。
また、正確なつづりが自信がない場合など(ぼくの場合はいつものことですが)、正確なつづり候補を一覧に表示してくれるので、その中から適切な単語を選んで使っています。

ちょっとした英文を書く場合とかに、Big Editorはとても便利です。

Big Editorはベクターの「BIG EDITOR]でDLすることが出来ます。

(追記)
Big Editorはフリーのテキストエディタですが、英和辞典と和英辞典には著作権があります。
新たに単語を登録したりして、改造したバージョンを配布することは許可されていません。
もちろん、個人で使う場合は、自由に単語登録ができます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。