上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまは忙しくブログ更新もままならぬ状況だが、Nexus7やiPad miniやアマゾンのKindle FireHDのことなど、書きたいことはたくさんある。

iPhone5などのスマフォが売れまくっているけれど、たぶんこれからはタブレット端末の時代で、スマフォは売れなくなるような気がする。
個人的には、LTEやWiMAXなどの高速データ通信機能付きのガラケーが発売されれば絶対に買うのだが。
ガラケーで通話をして、ネットでは、ガラケーをモバイルルーターにして、タブレット端末を使うから。

この秋からは、ドコモだけでなく、auやソフトバンクもLTE通信に対応した携帯を発売してきた。
とくにauは、iPhone5の発売とともに、LTEに移行して、WiMAX回線の端末は生産を終了するようだ。
だけど通信制限のあるLTEよりも、WiMAX携帯の方が便利だと思う。
現状では、WiMAX携帯の方がエリアカバー率もいいと思う。

ちなみに、自分の生活エリアでの、使っているスマフォ(auのGalaxySⅡ WiMAX)の通信速度を計測してみた。

下図は、自宅でWiMAXで計測したもの(大阪市、阿倍野区)

Screenshot_2012-11-05-21-08-32.png
⇑下りが、7.5MB/sで、上りが0.209MB/s

下図は、従来の3G通信で計測したもの(大阪市、阿倍野区)

Screenshot_2012-11-06-06-00-23.png
⇑下りが、1.66MB/sで、上りが0.450MB/s

WiMAXは、何回か試して比較的よかった値です。平均したら、3~6MB/sくらい。
3Gは、だいたいこのくらい。

LTEで下りが20MB/sだったなどという報告もあるから、それに比べればあまりパッとしないが。
ただ、このくらいの速度だと、スマフォでのインターネットもそこそこ快適だ。テザリングもなんとか使えるレベルだ。

LTEだと各社(ドコモ、au、ソフトバンク)とも、1ヶ月の通信総量が7GBを越えると、128Kb/sに通信制限がかけられるが、auのWiMAX携帯だとそうした制限もない。

参考記事
au Galaxy WimaxのAndroid 4.0へのアップデート
スポンサーサイト
テーマ:通信回線
ジャンル:携帯電話・PHS
【10/2、携帯から投稿】
Galaxy WimaxのGPS補足の不具合を修正したバッチ・ファイルが、
今日(10/2)、auから提供されました。今回は、GPSをオンにしてから、インストールした方がよさそうです。
バッチ・ファイルの提供と同時に、Android 4.0へのアップデートも再開されました。全体としては少数派だと思うけれど、ネットではいろいろな不具合が報告されています。

ぼくの場合も、新たに、画面がフリーズして電話が受けられないという不具合が発生しました。
これ以外に、電話をしようとのアイコンをクリックしても、しばらくしてから、電話番号の入力画面に替わるなどの事象も発生しました。
電源を切って、バッテリーを外して入れ直したら、とりあえず不具合は治まりました。
もし、こうしたことが何度か繰り返されるようならば、初期化(オールクリア)するしか解決策はないかもしれません。
初期化するには、アプリや設定やデータのバックアップをとって、再度設定し直す必要があるので、面倒ではありますが。。。
これらは、アンドロイド携帯のOSのバージョンアップの、宿命みたいなものでしょう。

【9/14、追加】
auからのアナウンスで、不具合のために、Android 4.0へのアップデートを停止しているそうです。
こういうトラブルがあるから、様子を見ようと思っていたのですが、我慢できなくて、アップデートをしてしまいました。(涙)

不具合は、GPS機能が使えない場合が起きること。(過去に1度でもGPSをONにしたことがある人が、GPSをOFFでアップデートするとGPS機能が使えなくなる場合があるそうです。)

スマフォはPCに近いから、Android 4.0へアップデートする場合も、まず工場出荷状態にオールクリアしてからアップデートするべきなのでしょうね。そうすれば、Android OSにバグがない限り不具合は発生しないはずだから。
だけど現状では、さまざまなインストールと変更がなされている状態で、その状態を保持しながらアップデートを行なうから、予期せぬ不具合も起きてくるのでしょう。(GPSの不具合が治っても、新しいトラブルが発生する可能性が大。これは、Galaxy Wimaxだけではなく、すべてのアンドロイド機種のOSのアップグレードにもいえることでしょう。)

ぼくの場合は、ためしにマップを使ってみたら、現在地のマップが正しく表示されました。他にも、GPSを使うアプリ、ウェザーニュースタッチを使ったら、現在地の天気が正しく表示されました。
InstagramでもGPSを使えたし、どの状態でGPS機能の不具合が起きるのかは、よく分かりません。
まあ、ぼくの場合は省電力モードで、普段はGPS機能をOFFに設定していますが。

【9/13、追加】
結局、我慢できなくて、android 4.0へのアップデートをしました。
20時15分にはじめて、21時07分に終了。Wi-Fiを使って、50分ほどかかりました。
なんとなく、UIがすっきりしてよくなったような気がします。GmailのUIは、とくに気に入りました。
「アバスト!モバイルセキュリティ」をはじめとして、よく使うアプリに関しては、問題なく動作しました。

Flash Playerは、携帯から以下をダウンロード・再インストールして使用可能です。

⇒Flash Player for Android 4.0

キャリアメールでのau絵文字の非対応とかあるみたいだけれど、ぼくは、キャリアメール自体を使わないので。。。

【9/12、本文】
今日、auから、Galaxy wimaxのandroid 4.0へのバージョンアップの案内メールが来ました。

明日の(9/13)の10時からアップデートを開始するそうです。

ぼくは、いま使っているアプリがすべてandroid 4.0に対応しているか分からないので、確認してからアップデートをやるつもりです。
とくに、Langdroidは、NHKの語学講座を携帯にダウンロードするために必須のアプリだから、これがandroid 4.0に対応しているかを確認してから。
今回は、あまりいそがずに、いろいろと評判を聞きながら、週末にでもゆっくりアップデートしようと思っています。

今度のアップデートで、iPhoneと同様に、Flash Playerが使えなくなります。
また、android 4.0から、Root化しなくても、プリインストアプリの凍結が可能になるそうです。
自分としては、これが一番の魅力で、これのためにバージョンアップするようなものです。(4.0へのアップデートは、今までのバージョンアップをすべて実行してからでないとダメなようです。)

アップデートしたら、その変更の詳細をブログにアップする予定です。
もうそのときは、情報の鮮度は、まったくなくなっているかもしれませんが。
テーマ:Android携帯
ジャンル:携帯電話・PHS
先日、日本橋のジョーシンで、micro SD(32GB、Class10)を、3,000円くらいでワゴンセールをしていた。
Super Talentという無名のメーカーだった。
3年保証がついていたこともあって、買ってしまった。

SD toolsで、アクセス速度を計測したら、
Readが、8.5MB/s
Writeが、6.5MB/s(下図、参照)。
(書き込み済みなので、あくまで蓋然値ですが。)

(図1)
class1.png
↑図をクリックして、拡大表示

以前、同じSuper Talent社の、16GB、Class6を買ったことがあるが、これは、
Readが、24.1MB/s
Writeが、4.3MB/s(下図、参照)。

(図2)
20120528-114221.png

Class6なのだから、読込み速度も遅いはずだと思ったが、実際にはこちららの方は24.1MB/sで、読込み速度は3倍ほど早かった。(厳密には、Classとは書き込み速度の最低速度の値で、Class6では、Write-6.0MB/sを保証。)

microSDカードのClassの違いは、ほとんど意味がないのかもしれない。

気になって、Super Talent社のmicro SD(32GB、Class10)の速度を、
ネットで調べたら、

class2_20120528201059.png

Readが、16.52MB/s
Writeが、14.27MB/s。
micro SDは、同じメーカーの同じ製品であっても、当たり外れが大きいのだろうか?
それとも、端末のCPUやメモリやI/Oのバッファー・サイズやインストールしているアプリなどが影響しているのだろうか?

ちなみに、図1は、Galaxy Wimaxで、
図2は、IS03で、計測しました。
[3/22日に追記]
たまたま、ネットの記事を読んでいたら、iPhone5は、
ドコモのXi(Docomo LTE)には対応しないだろうという話でした。

[本文]
先週の日曜日、Galaxy SⅡ Wimaxに機種変更をした。
Wi-FiとWiMAXで、テザリングができることに惹かれた。
4.7インチの画面は携帯としたら大きすぎるとも思ったが、使ってみるとあまり気にならなくなった。
ただ、以前のIS03のように、片手でスムーズに操作が出来なくなった。

本当は、iPhone5を待つつもりだった。
だが、先日のiPadの発表を見ると、iPhone5もiPadと同様にLTE対応になって、WiMAX対応ではないような気がしてきた。
アメリカでは、WiMAX対応のiPhone5がSprint社向けに発売されるという噂があったが、どうなのだろうか。
⇒iPhone5の噂、auの春の新機種

LTE対応ならば、現状ではドコモ以外には選択肢はないように思うのだが、ドコモからのiPhone5発売はあるのだろうか?
個人的には、ドコモとアップルが折り合いをつけて、ドコモ版iPhone5を出して欲しいと思う。
利害の対立はあるだろうが、お互いにWin-Winの関係を築けるだろうに。
ドコモはiPhone5を出すことで、auやソフトバンクに流れた顧客を取り戻せるだろうし、アップルにとっても日本で一番契約数が多いキャリアからiPhone5を出すメリットは大きいだろう。それに、LTE対応ならば、現状ではドコモでしかその恩恵を享受できないではないか。
⇒以上、部外者の無責任な意見でした。

まあ、私の行動範囲(堺市と大阪市が中心)では、LTE対応よりも、Wimax対応の方がなにかと便利だ。
WiMAXは、これらのエリアのほとんどをカバーしているから。

Galaxy SⅡWimaxの各バンドでの通信速度を調べたら、
3Gで、1~1,500kbps。
Wi-Fiで、13,000kbps。(自宅のWi-Fiで)
WiMAXで、3~6,000kbps。
平均したら、だいたいこんな感じだった(下り)。

SC20120317-063006.png
↑図をクリックして、拡大表示。

以前は、IS03を使っていた。
IS03は暴れ馬みたいな機種で、こちら側でカスタマイズしないと快適に使えなかった。私にアンドロイドというものを教えてくれたのだし、好きな機種でもあった。ただ、IS03だと、ホームアプリを含めてアプリを総入れ替えしないと快適には使えなかった。

Galaxy SⅡWiMAXは、基本スペックがいいことと、プリインストアプリが優秀なために、そうした作業は必要ないみたいだ。
⇒デュアルコアのCPUに、RAMが1GB、システムメモリが2GB、ユーザーメモリが14GB。
Galaxy SⅡWimaxの表示では、RAMとシステムメモリが別々に表示されているけれど、どう違うのだろう。
たぶん、システムメモリもユーザーメモリも内蔵ストレージを指しているように解釈したけれど、間違っていたらご指摘ください。

⇒だったら、何故、区別するのか、その根拠がよく分からない。

Galaxy SⅡWiMAXのホームアプリのUIがいいので、そのまま使っている。
これ以外にも、サムスン由来のアプリはよく練られている。
残念ながら、auがプリインストしているものには、使えないアプリが多い。さらに悪いことに、これらのアプリはアンインストールすらできない。
ドコモも、XperiaやGalaxyなど本来ならばいい機種なのに、使えないアプリをたくさんインストして、わざわざダメな機種にしているようにも思う。
auもドコモも、キャリア由来のアプリは、最悪だ。

機種の使い勝手を決めるのは、アプリを含めたトータルのバランスであって、この点に関しては、Galaxy SⅡWiMAXはよくチューイングされていると思う。

保護フィルムには、バッファローコクヨサプライの「誰が貼っても、絶対に気泡ができない」を購入した。
ミナミのビッグカメラで980円、保護フィルムにしては多少高いとも思った。
だけど、いつも気泡を入れてしまう私は、このネーミングに引かれた。
とてもよくできていて、気泡はできなかった。
保護フィルム貼りが苦手な人には、このシリーズはおススメです。

galaxy2.jpg

↑一度、ゴミ箱に捨てていたものを取り出して撮ったので、多少、汚れが。
私はまだiPhoneを使ったことはない(iPodtouchだけで)が、Galaxy SⅡWiMAXを使ってみて、グローバルで売れている機種の素晴らしさに感心させられた。
日本メーカーは、どうしたのだろうか。
円高などのコスト面で、海外勢に負けていると言い訳するが、iPhoneやGalaxyみたいな機種を出していないではないか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:Android
ジャンル:携帯電話・PHS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。