上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔、FEP(front end processer)と呼ばれていた日本語入力システム。
いまは、IME(input method editor)と呼ぶらしい。

ずっと前は、ジャストシステム社のATOKを使っていました。(本当は、管理工学研究所から出ていた「松茸」が一番のお気に入りでしたが、当時使っていた東芝のJ3100シリーズには、対応していなかったので。エディタはEmacsやVZ-editorを使っていました。「松茸」とVZは、アセンブリで書かれていて、とても軽快な動作でした。)

余分な金を払うのが嫌なのと、メインに使っているノートパソコンのキーボードにATOKが馴じまない(ATOKで頻繁に使うTabキーや無変換キーなどが打ちづらい)こともあって、最近まではマイクロソフト社のMS-IMEを使っていました。

いまは、Googleの日本語入力システムを使うようになりました。

ATOKほど賢くありませんが、MS-IMEに比べたら変な変換も少なくてとても快適です!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:Google関連
ジャンル:コンピュータ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。