上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の11月からタバコをやめて、10ヶ月ほどが経過しました。

別に、強い意志を持って始めたわけではなく、たまたま酷い風邪をこじらせてしまい、タバコを吸っていても全然美味しくなくて、いい機会だからやめようと思っただけのことでした。

あれからは、ときどき吸いたくなることもあるけど、それほど気にはなりません。

前にも書いたことですが、「禁煙にしろダイエットにしろ、苦しいと感じるのはその人の勝手な思い込みによるもので、案外、ぼくたちはこうした思い込みに苦しめられているだけなのかもしれない。そして、苦しいとされている世の中のたいていのことがらも、ぼくたちが思っているほど苦しいものなどはないのかもしれない。」

誰かが言っていたことですが、肥っている人とやせている人の差は、おもに考え方の差によるものだと。

「やせている人は空腹な状態をあたりまえだと思っている。一方で、肥っている人は満腹な状態をあたりまえだと思っている。」

禁煙も、ダイエットも、成功するかどうかは本人の考え方や思い込みに左右されてることが大きいのでしょうね。

先日、たまたま、友人からタバコを1本だけもらって吸ったけれど、全然おいしいとは思わなかった。
口のなかがすごくヤニ臭くなったようで、それが嫌で仕方がなかった。

タバコをやめたら、食べ物や新鮮な空気をおいしいと感じるようになりました。

参照記事 禁煙してから1ヶ月が過ぎ。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。