上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ctfmon.exe

前にも書いたけど、これは、手書き入力や音声入力をサポートするIMEの拡張機能。
以前、これに偽装したトロイの木馬が発見されたというニュースを読んだことがありました。

ぼくのパソコンでは、2個のctfmon.exeが稼働していました。
1つは、HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
もう1つは、SOFTWARE\Micorosoft\Windows\CurrentVersion\Run

configsys2.png

図をクリックすれば、拡大して見ることができます。

HKCUが有るか無いかの違い。両方とも正規のものだとは思うのですが、もし、情報をお持ちの方がいらしたら教えてください。

Google日本語入力を使っていることだし、両方とも自分には必要ないだろうと思い、チェックボックスを外して止めたけど、問題は起きませんでした。むしろ、起動させていることでトラブルが起きたという報告はよく見かけます。(⇒日本語入力は、Microsoft Office IME 2010に変更しました。)

[追記1]
msconfigツールを使って、スタートアッププログラムからctfmonを解除しただけでは、起動を完全に止めることはできないらしいです。
参照記事⇒ctfmon(テキスト・サービス)を自動起動しないようにする

以下の操作で簡単に解除(マイクロソフトのIMEを使っている場合)

①タスクバーのIMEのアイコンを右クリック。

②「設定」を選択。次のウィンドウが開きます。

IME01.png

③上記の図で「詳細設定を」選択。次のウィンドウが開きます。

IME3.png

④「詳細なテキストサービスをオフにする」にチェックを入れ、「OK」をクリック。
 現在、実行中のctfmon.exeプロセスは終了され、
 msconfigの[スタートアップ]からもctfmonのエントリが削除されます。
 (この設定は、次回の起動から有効になります。)

[注] コントロールパネルの「地域とと言語のオプション」からでも設定可能。

IME 2010は割と快適です。だけど、日本語入力のATOKは欲しいなぁ。。。

[追記2]
本文とは、直接、関係ないのですが、あるブログを読んでいたら、「対人関係がもっとうまくいっていれば、ブログなんてとっくにやめてるんだろうな。」という一文がありました。なんか、妙に考えさせられた。ぼくも、実生活でもっとうまくやっていれば、ブログを書くこともなかったろうに・・・。⇒加藤ミントの今日の一葉

参照記事
Dealio toolbarについて
メモリ上の不要なプロセスを削除する
レジストリファイルをバックアップする

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:セキュリティ
ジャンル:コンピュータ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。