上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のタイトルは、ちょっとした思いつきで、深く考えた訳ではありません。
かなりざっくりと括っているので、突っ込みどころは満載だと思います。

まずは、一番簡単な例から。

"drink"を英和辞書で調べると、"飲む"という日本語が出てくると思います。
だけど、drink=飲むというわけではありません。

こんな風に、単語や文節をイコールで結ぶのはよくありません。語学の解説書で、イコールで結びつけられているような例があったら、まず間違っていると判断した方がいいです。言葉は、代数学ではないのだから。

イコールではないのに、英語のdrinkを見て、drink=飲むと判断してしまうこと。英和辞典の弊害は、これが大きいと思っています。

drinkをロングマン英英で調べたら、
to take liquid into your mouth and swallow it.とありました。
これだと、drinkが「液体を口に入れる」行為だとよく分かります。

日本語では、「薬を飲む」というけれど、もしその薬が固形物だとしたら、drinkは使えない。
この場合は、take a medicineなどと表現します。
「新鮮な空気を飲み込む」という日本語も、英語では、swallow fresh air、またはbreathe fresh airなどと表現して、絶対にdrinkは使えない。
英語のdrinkは液体を飲むことにしか使えません。
一方、日本語の飲むは、かまずに飲み込むことを意味していて、噛まなければ、個体でも気体でも使えます。

→drink=飲むというわけではありません。

むしろ、日本語の飲むに近い英語は、"swallow"かなあ。。。
これもイコールで結びつけることはできないけれど。

次に、"bias"。
これは、日本語にもなっていて、そのままバイアスとありました。

これをOxford Advanced Learner's Dictionary調べると、
C, U,
a strong feeling in favour of or against one group of people, or one side in an argument, often not based on fair jugement.
(可算及び不可算名詞。あるグループや、論争中の一方のサイドに、賛同または反感を持つこと。たいていは、公平な判断に基づいていない。)

このように、英英辞典を調べると、biasが、反感だけでなく、好感を持つ場合にも使われるということがよく分かります。
日本語のバイアスだと、たいていはネガティブな意味でしか使われないけれど。
→bias=バイアスではありません。

3番目は、"malfeasance"。

malfeasanceを、i英辞郎122で検索すると、
"違法行為"とだけ載っていました。

これを、Cambridge Advanced Learner's Dictionaryで調べると、
noun[U]、legal、an example of dishonest and illegal behaviour, especially by a person in ahthority.
と書いてありました。

これだと、malfeasanceは不可算名詞で法律用語であり、おもに重要な公職についている者による不正行為だということよく分かります。
やっぱり、malfeasance=違法行為というわけではありません。

以上、ほんの3例だけを取り上げましたが、異なる言語間の単語は、イコールで結びつけることはできないと思った方がいいです。
それぞれに、世界の切り取り方が違っているから。

最近の英和辞典は、かなり改善されてきて、単語の微妙なニュアンスも説明するようになりました。
だけど、英英辞典による、直感的な理解にはまだ及びません!

英和辞典だけではなく、是非、英英辞典も活用してください。新しい英語の世界が開けるはずです。
はじめて英英辞典を使うのならば、ロングマン現代英英、Longman Contemporary English 5をおすすめします。
23万語を収録し、基本語2,000語だけを使って単語を定義しています。



↑電子辞書や、携帯アプリなどで購入される方が多いと思いますが、付録のDVD-ROM版では音声データも付いています。自分の発音を録音してチェックも可能。

参照記事
一番綴りの長い英単語は?
英語の冠詞とマーク・ピーターセンの「日本人の英語」
研究社リーダーズ英和辞典2版、iPhone/iPod touchでの英語辞書

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。