ちょっと思うところがあって、今年は、TOEIC試験を受けることにした。
ためしに、実際の試験と同じ2時間の設定で、TOEICの模擬問題集をやったみた。(以前、買っていた模擬問題集で。)
自分の弱点を知るために、それと、試験での時間配分のコツを覚えるために。

後で解答合わせをしたら、以下の3問を間違えていた。

パート2のリスニングで、適切な応答を選ぶ問題で、

May I have your new adress?

これの応答で、
(A) OK, I'll give you a dress.を選んで不正解だった。
"a dress"を"adress"と聞いてしまって、(A)を選んでしまったのだ。
(B) I'll write it down for you.が正解だった。

直ぐに正解を選ばずに、最後までよく聞くことが大事だ。
それに、a dressをadressと聞いてしまったとしても、adressを
give(与える)するのは少しおかしいかもしれない。相手のhaveという動詞につられて、giveでもいいやと判断してしまったのだが。
これが、TOEICでいうひっかけ問題なのだろう。これを最初の応答にもってくるところがいやらしいと思った。これでいいやと思って、次の問題の準備(一瞬の休息)に入って、後でもっと適切な応答があっても聞いていなかった。

パート5の、適切な単語を選択する問題では次の2つを間違えた。、

These scissors are (  ) for southpaws.

(a) specifically
(b) nicely
(c) sometimes
(d) especially

(d) especiallyを選んで不正解だった。
正解は、"specifically"だった。
たしかに、ここでは、"specifically"がより適切な感じがする。

To bebefit local communities, the company (  ) special cultural events such as concerts.

(a) gives
(b) stocks
(c) invests
(d) sponsors

上の問題では、(a) givesを選んで不正解だった。
正解は、"sponsors"だった。
"gives"でもいいじゃないかと文句を言いたいけれど、受けるからには試験問題に文句を言っても仕方がないので、こちら側が折れて対応するしかないのだと思った。

1.TOEICの模擬試験をやってみた感想。

リスニングも筆記問題も、問題自体はとてもやさしい。
難しいのは、短い時間内ですべての問題を解き終えることだ。
リスニングでは、一瞬、集中力が切れて、さっき聞いたばかりの内容をすっかり忘れてしまうことがあった。(たまたま、正解を選んでいたが。)

対策本には、最後のパート7のリーディング問題に、45分くらい時間を残しておく必要があると書かれていたが、まったくその通りだと思った。私は英語を読む速度は早い方だと思っていたが、パート7をやっていたら45分という時間はあっという間になくなってしまった。パート7は、簡単なリーディング問題が多く、時間さえあれば満点をとれるようなものだったから、ここを落とすのはもったいないと思った。

TOEICは、2→5→6→1→7→3→4の順番でスコアアップしやすいそうだ。
そうならば、私は2と5で間違えたのだから、対策と時間配分さえうまくやれば、満点をとることも可能ではないか?   

→TOEICをなめるなといわれそうだが。。。

自分で模擬試験を解いてみて思ったことだが、TOEIC試験に関しては、習うよりは慣れろだ!

2.TOEIC試験の対策として考えているのは、

①ちょっとしたひっかけ問題にだまされないように注意する。
 (1番目のリスニングの間違い)
②紛らわしい問題でも、すばやく正解にたどり着くコツみたいなものを体
 得する。問題の作成者が、仕掛けた落とし穴に落ちないコツみたいなもの。
 (2番目と3番目の間違い)
③これが一番大事だと思うが、200問を解き終えるまで、反射力と集中力が
 持続できるように、頭と身体をすっきりさせておくこと。
 とくにリスニングに関しては、1回しか聞くことができないのだから、集中力が
 絶対に切れない状態にしておくこと。

TOEIC960点のあっこさんのブログによると、最近は、試験問題が難しくなってきている傾向だそうだ。
今回、やったのは古い模擬問題集なので、やさしかったのかもしれない。
実際に試験を受けたら、もっと間違うかもしれない。

参照ブログ⇒続・しんまに日記

とりあえず、「新公式問題集」(2,940円)と「はじめての新TOEICテスト本番模擬」(1,000円、お買い得!)で8回分の試験問題を買ってきたので、解いてみて、自分の弱点や時間配分について確認しようと思っている。
一万円ほど書籍代を出費したのだから、元はとろう!

[追記]
これは、TOEICと英文法に詳しい方への質問なのですが、パート5に、以下の問題がありました。

The house (  ) is green is my uncle's house.

(A) which is roof
(B) whose roofs
(C) whose roof
(D) What roof

上の選択肢では、もちろん、(C) whose roofしか正解はありえないけれど、The houseは、whoseという関係代名詞をとることができるのでしょうか?
whoseは、人にしか使えないと思っていたのですが。

もうひとつは、パート6の間違いを選択する問題なのですが、

The (A)newly hired employee is (B)the most accurate than any other (C)worker in (D)the personnel department.

この文は比較級だから、(B) the mostが間違いだとは直ぐに思いつくのですが、"any other worker”は、何故、"any other workers”と複数にならないのでしょうか?

英文法に詳しくて、教えてやってももいいと思われる方ががおられたら、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト