上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Ginger」 は、イスラエルで開発された、無料で、英文をチェックしてくれるソフト。

⇒Ginger

スペルチェックや簡単な文法事項をチェックしてくれるワープロソフトは多くあるけれど (たとえば、Word 2010 の英文アシスト機能など)、「Ginger」 は、前後の文脈などを考慮に入れて、ネイティブなみの自然な英文に訂正してくれるという。
私は、翻訳ソフトを含めて、この手のツールをあまり信用していないのだが、ためしに使ってみることにした。

実は、先週、伊勢神宮にはじめて参拝した。
途中、参道を取り囲むように生い茂った太古の樹木たちが、私に畏敬の念を起こさせた。
その時のことを思い出しながら、とりあえず、以下のような英文を入力してみた。

 I made the first pilgrimage to Ise-Jingu last week, which is the oldest shinto shrine of Japan.
 As the shrine was surrounded by the dense forests,  I had to walk long steep mud pathes through the woods to enter the sancutuary.
 The old trees on the way that towering into the blue sky filled me with awe and reverence.  Even though I was a secular mind,  I could perceive divine spirits in this ancient landscape...

本当は、the sanctuary は the holy site にした方がいいような気もするが、スペルチェックを使うためにも、わざとつづりがあやふやな sancutuary を使ってみた。また、観光がてらで行ったお伊勢参りに、  pilgrimage という単語を使うのもどうかと思ったが、そのままにしておいた。(帰りに、街道沿いのお店にも寄った。地ビールやアワビや魚の干物などとてもおいしかった。)

「Ginger」 の話にもどせば、「Ginger」 は、青のハイライトでマークした箇所を、以下のように訂正するようにアドバイスしてきた。

①「pathes」を、「paths」に訂正する。

②「sancutuary」を、「sanctuary」に訂正する。

③ 「that towering into the blue sky 」を、
  「that were towering into the blue sky 」に訂正する。

アドバイスにしたがい、以下のように訂正した。

 I made the first pilgrimage to Ise-Jingu last  week, which is the oldest shinto shrine of Japan.
 As the shrine was surrounded by the dense forests, 
I had to walk long steep mud paths through the woods to enter the sanctuary.
 The old trees on the way that were towering into the blue sky filled me with awe and reverence.  Even though I was a secular mind,  I could perceive divine spirits in this ancient landscape...

「pathes」を、「paths」に訂正するとか、「sancutuary」 を「sanctuary」 に訂正するとかのスペルチェック機能は、たいていのワープロソフトにも備わっている。
だけど、「Ginger」 は、時制や単複や前置詞なども含めて、前後の文脈から英文の適合性をチェックしてくれるそうだ。

ここでは、「that towering into the blue sky 」を、「that were towering into the blue sky 」に訂正するようにアドバイスしてきた。
たしかに、この方が文法的に正しいような気がする。

過度な期待は禁物だけれど、最初に予想していたよりも、ずっと実用的なソフトだと思った。

「Ginger」 は、Google Chrome や Firefox などのブラウザ(何故か、IE版はなかった )にエクステンションを入れて使うことができる。  また、マイクロソフトのOffice にビルトオンを組み込んで使うこともできる。
ためしに、Office 2010 に組み込んで、Word を使ってみた。 すると、英語を入力しながら、「Ginger」 がおかしいと判断すると、その箇所と訂正オプションを指摘してくれた。
残念なことだけど、「Ginger」はネット接続が必要なので、オフラインでは使えない。
これは、「Ginge」が、ネットの中の膨大な英文を参照しながら、英語の適合性を判断するため。
近いうちに、アンドロイド版も出るそうだ。 スマフォの小さな画面だと入力ミスも起きがちだから、スマフォでちょっとした英文を書く場合には、便利かもしれない。

参考記事
The Elements of Style, by Willium Struk Jr., E. B. White
スポンサーサイト
テーマ:英語学習記録
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。