上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『5/5日、追加』
あらためて辞書で調べたら、beef は不平という意味では、可算名詞になっていたので、(a)を加えました。
① weblio ⇒ beef, 【可算名詞】 《俗語》 不平.
② Urban Dictionary
  ⇒ beef, To have a conflict or grudge with someone.
   I've got a deeply-rooted and psycological beef with you!!

google で検索すると、beef の不平という意味では、可算、不可算、両方の使用例がありました。

英語の冠詞と、マーク・ピーターセンの「日本人の英語」

『本文』
安倍総理とオバマ大統領が一緒にカウンターで寿司を食べたことが、日本でもアメリカでも、トップニュースになっていた。
懸案の TPP では牛肉の関税率もメイン議題だったから、beef ではなく fish を食べて正解だったのだろう。
たしか、beef にはスラングで 『不満』 という意味もあったから、もし二人が寿司ではなく beef を食べていたら、次のようなニュースが英語で発信されたのだろうか?

The two leaders had a beefsteak dinner meeting last night. Although they intensively discussed the appropriate tariff rates of beef in the meeting, they failed to reach an agreement. They had (a) serious beef with one another...

両首脳はビーフステーキを食べながら、ビーフの関税率について熱心に話し合ったが、合意には至らなかった。彼らはお互いに強いビーフ(不満)を持った。

たいして意味はないけれど、こんなダジャレを思いついたので、何となく書いてみました。(爆)

個人的には、TPP に関しては、アメリカの要求を受け入れてすべて自由化すればよかったと思う。また、TPP に反対する人は少なくともリカードの『比較優位』くらいは理解してから反対するべきだとも思う。

TPPについて、リカードの比較優位とか

DSCF0896.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。