上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2の広告を表示させないための更新。(汗)

今日で、2月も最後だ。
午前中は、近くの公園でランニングをした。
梅の花が、とてもきれいだった。(下の写真)
いまは梅のシーズンだが、近郊では大阪城の梅園が有名だそうだ。
明日、梅田に出かけるので、時間があったら寄ってみよう。

先日、世界的にベストセラーになっているトマ・ピケティの「21世紀の資本」の英訳本、Capital in the Twenty-First Century を買いました。
英訳のKindle 版だと、2617円でとても安かったから。(ハードカバーの日本語訳本は、5940円。)

それでちょっと気になったのですが、英訳のタイトルはCapital in the Twenty-First Centuryとなっていて、(capital)は無冠詞になっていたこと。
もとのフランス語のタイトルは Le capital au XXIeme siecle と定冠詞がつくし、ドイツ語訳でも、Das Kapital im 21. Jahrhundert になっていた。
そういえば、マルクスの資本論も、もとのドイツ語のタイトルは Das Kapital なのに、英訳は Capital と無冠詞だ。
やっぱり英語の冠詞(無冠詞の用法も含めて)は、ドイツ語やフランス語と比べても、使い方が独特なんだと思う。
これはヨーロッパ諸言語の中で、英語だけが文法上の性( grammatical gender)を失くしたことと密接に関係しているのだろう。

参考記事⇒英語の冠詞とマーク・ピーターセンの「日本人の英語」

DSCF1063.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。