上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いままで FUJIFILM X10 というコンパクトカメラを愛用していました。
何となく、もう一つ上位機種のカメラが欲しくなりました。
別に、一眼レフはいらないが。
カメラにはPCやスマホのように先端の機能を求めないから、FUJIFILM X10 のようなクラシカルな佇まいのカメラが欲しい。
X10 とこれの後機種、X20 は機能もレンズもデザインもよかったのに、最新のFUJIFILM X30になってからは光学ファインダーが廃止されて、なんとなくダサくなったように思う。

ずっと昔、フィイルムカメラの時代、minox35 というコンパクトカメラが大好きでいつも持ち歩いていました。(当時、35mmフィルムカメラでは世界最小だった。)
オートフォーカスはなくて、目測でピントを合わせるようなカメラだったけれど、失敗してもそのピンボケ写真がお気に入りだったりした。(もっとも minox35 は絞り優先のみのカメラだったが、パンフォーカスなレンズを装備していたから失敗は少なかった。)
minox35にはあでやかさはなかったけれど、カラッとした色合いの写真を量産していたと思う。
ネットで検索したら、世界中にminox35 愛好家がいたのをあらためて確認しました。 ⇒In Defense of Minox 35's

・To me, it is what the original Leica was: a very small and unobtrusive
fixed-lens camera of remarkable optical precision.

・But their great lens, which you grudgingly acknowledge, makes them one of the greatest tiny 35s ever made.

・The Minox 35 lets me shoot people in ways that I could never get away with anything larger and more "pro"-looking. Part of the beauty of the Minox is that same plastic look you don't like: Nobody takes it seriously.
The Minox 35 user is just another idiot tourist with a trashy little camera taking snaps that probably won't even come out. Nobody ever cares.

minox35 ↓
minox1.png


たぶん、睡蓮だと思う↓
睡蓮

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。