上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
途中何度も放り投げながら、1年近くかかってキングの "It" をようやく読了。
Kindle 表示で1400ページほどの長編で、これ以上長い小説はたしか高校のときに読んだトルストイの 『戦争と平和』 くらいです。(爆)
たぶんキングが作家として一番脂ののりきっていたときの作品で、彼の圧倒的な筆力にノックアウトをくらいました。

ただ、キングの英文はwordyで語順なんかもちょっとくせがあるから、一読しただけではよくわからない箇所もあった。
適当に一つ選ぶならば、例えば以下の表現とか・・・

the booklet went on to warm that a slingshot could be dangerous; the owner should no more aim one of the twenty ball-bearing slugs which came with it at a person than he would aim a loaded pistol at a person...
ガイドブックによれば、実弾を込めたピストルを人に向けてならないと同様、
20発添付の玉を入れたスリングショットを人に向けてはならない。同じくらい危険な行為だ・・・

たぶんこんな意味だと思うが、一読しただけではよくわからなかった。
キングは学校英語では絶対に習わないような口語表現も多く、アメリカのポップカルチャーなんかもふんだんに出てくるから、それらの背景知識がないとちょっとしんどいのかもしれない。

もう一つ例を挙げれば、
so scared, he was nearly creaming his jeans but laughing wildly all the time.
怖くてジーンズにちびるところだったが、それでもその間中ずっと笑いころげていた。
たぶんこんな意味だと思う。creaming his jeans は「ちびる」という意味だと、昔、どこかで聞いた記憶があるから。
辞書やネットで調べたわけではないから、間違っているかもしれないが・・・

⇒やっぱり間違えていた。(爆)
ネットで調べたら、cream your jeans はスラングで、premature ejaculation だそうです。
「ちびる」には両方の意味があるから、そんなに離れていないか・・・。

キングは比喩表現がとてもうまいと思う。
いくつか例を挙げれば、

The huge sunflowers nodded sagely togather.
巨大なひまわりが一緒になって物知り顔におじぎをした。

His eyes looked like rasins pushed into dark circles of sweat.
彼のひとみは汗で黒ずんだ眼のくぼみの中に押し込まれた干しぶどうのように見えた。

昔はハンサムだったが今は太ってその面影もないということを、キングはこんな風に表現する。
The sharp, handsome features I remenbered were buried in an avalanche of flesh. するどくハンサムだったかっての彼の姿は、今では肉のavalanche(なだれ)の中に埋もれていた。

キングはこうした比喩表現が豊富で、彼の英文は読んでいてとても楽しい。
あるサイトでネイティブの読者も、キングの言葉の使い方についてこんな風に絶賛していた。
I love King's way with words. That's what has kept me going…

ちょっと疲れているので、 "It" の詳しい感想は後ほど書きます。
個人的には "It" は、キングの最高傑作だと思う。

4月から、NHKの語学講座、『実践ビジネス英語』 を再開しました。
どうせ途中で飽きてやめるだろうけれど・・・。
PCでエアチェックしたものを、Googleドライブでスマホに落として、休日に近くの公園に出かけてまとめて聞いています。
その後は自分でもテキスト文を articulate して それを Hi Quality Rec というスマホアプリで録音し、放送で聞いた音と自分の英語の音がどう違うかをチェックしています。
できるだけテキスト全文を丸暗記してそらんじるように努めながら・・・。

⇒Stephen King の文体について


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。