上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週のEU離脱を決めたイギリスの国民投票を、The new york times などのメディアはreferendumを使っていた。
個人的には国民投票の英語は、plebisciteという単語の方により馴染みがあったのだが。
2年前、スコットランドで行われたThe UK からの独立を問う国民投票、これはplebiscite を使う新聞と、referendumを使うメディアとに分かれていたように思う。
The financial times は Scotland's independance plebiscite などと使っていた。BBCは the Scottish independence referendum などを使っていた。

今回のEU離脱を決めるような国民投票では、referendumの方が適切なんだろう。
僕のイメージだとだいたいこんな感じだ。
連邦制の国家で一地方(構成国家)が分離・独立の是非などをを国民投票にかけて決める場合は、plebiscite を使う。
また、plebiscite は占領下や軍政下のでおこなわれる国民投票に使われることが多く、plebiscite は占領からの独立、軍政から民政へ移行するプロセスとしての国民投票に用いる。
一方もともと民主的な社会で、憲法改正などの重要事項を政治家に任せずに国民投票にかけて直接これを決める場合には、referendum を使う。

気になったので、ちょと調べてみた。
Both words are very similar although Plebiscite has become more commonly used to denote a change in sovereignty.
plebiscite; a direct vote of the people of a country to decide a matter of national importance.
referendum; a direct vote by all the people to decide about something on which there is strong disagreement, instead of the government making the decision.

ロングマン英英辞典だと、両方に次のような例が載っていた。これだと意味もニュアンスもほぼ一緒だ。(爆)
a referendum on independence
a plebiscite on independence
⇒Differences between a plebiscite and a referendum
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。