上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに無事に地球に帰ってきた。
これだけトラブルを起こしながら、よく無事に地球に帰ってこられたものだとつくづく感心した。
もし、小惑星「イトカワ」の地表のサンプル採取に成功していれば、惑星が誕生した当時の様子の解明の手がかりになるという。

わたしみたいな素人は、毎日、隕石が地上に落ちてきているのだから、そして、隕石は小惑星になれなかった物質の残骸だろうから、サンプルを採取するだけだったら、わざわざ7年もかけて「イトカワ」にまで行かなくてもいいんじゃないかと思うのですが。
たぶん、わたしの考えが間違っているのでしょうね。7年かけてサンプル採集のミッションに成功したということ自体が貴重なのでしょうね。

地球外の衛星や惑星からのサンプル採取では、4番目の成功例だそうで、これもすごいことなのでしょうね。

イオンエンジンを使っての4万時間にも及ぶ飛行、遠く離れた小惑星への「自律航法」など、最先端の技術がいくつも搭載されていた模様。

今回の政権交代で、JAXA(宇宙航空研究開発機構)への予算はかなり削減されたみたいだが、こうしたことにはもっと予算をつけて欲しいものだと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:自然科学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。