上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、「A Naturalist's Guide to the Tropics」という本を読んでいたら、コウモリの生態を特集していました。

哺乳類の中でも、完全な飛行をするのはコウモリ目だけ。
いままでに980種が発見されており、ネズミ目に次いで、もっとも繁栄している種目だそうです(約4500種が発見されている哺乳類の中の、1/5くらいがコウモリ目)。

他の哺乳類と競争しなくていいような場所に進出できたのが、コウモリの繁栄の理由なのでしょうね。
大抵の鳥は、昼間に活動するので、その点に関しても競争相手が少ない。

980種もいるので、いろいろな食性をもつコウモリが報告されていました。
そして、それに関する英語の言葉を。

herbivorous[həːrbi'vərəs](草食の)、carnivorous[kɑːrni'vərəs[(肉食の)、omnivorous[ɑmni'vərəs](雑食の)などは、コウモリに限らず一般によく使われる言葉ですよね。

これ以外にも、あまりなじみのない言葉も出てきました。

hamatophagous(吸血性の)、コウモリといえば、西洋ではこの(vampire)のイメージ?

insectivorous(昆虫を食べる)これがもっとも一般的。

nectarivorous(蜜を食べる)
honeyが一般的ですが、nectarもよく使いますね。たぶん、ギリシア語から。

frugivorous(フルーツを食べる)。知らなくても、意味は推測できる?

piscivorous(魚を食べる)
「pisci」は魚を表わすラテン語から。他にthe pisces(魚座)など。

けっきょくは、意味が推測できるような言葉ばかりですよね。

コウモリは、食生活を特化させることによって、互いに住み分けをはかり、980ものspecies(種)が繁栄するようになった?

オオコウモリの顔、ペット犬みたいでかわいい。
bat

参照記事 「myrmecophilism」という言葉の意味

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
お邪魔します
何度かお邪魔してるのですが
ワタクシなどには難しい話題で読み逃げしておりました
空飛ぶ生き物すべて苦手なワタクシです
こうもりの顔、初めて見ました
2010/06/23(Wed) 18:22 | URL | お水の抜け道・女将 | 【編集
女将さま。
コメント、ありがとうございます。
ブログには、時々訪問させてもらっていました。
お酒を飲むのは好きな方で、居酒屋にもよく行きます。
最近、大阪市内の本町などのオフィス街の居酒屋では、びっくりするくらい安い値段で飲めるようになっています。
わたしには嬉しいかぎりなんですが、経営されている方は大変なんだろうなと思ってしまいます。
by reg
2010/06/23(Wed) 19:15 | URL | reg | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。