上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の南ア大会の中でも、最も激しく名勝負といっていい試合だった。
ドイツは、前の試合でのイングランドといい、今回のアルゼンチンといい優勝候補の強豪国相手に、この結果は本当にすごいことだと思う。
イングランド戦もアルゼンチン戦も、大差がついての勝利だったが、お互いに勝ちにいった上での結果だから、実際には僅差での勝利だったように思う。

ブラジルとアルゼンチンがいなくなった大会は、ちょっと寂しいような気がするが、ドイツ・オランダ、ドイツ・スペインの試合なんかも見てみたいなぁ。。。

マラドーナ監督も、ドイツが対戦相手と決まったときのインタビューでは一瞬とまどった表情に見えたが、長年の勝負師の勘みたいなものが働いていたのだろうか。

残りの1試合、スペイン・パラグアイ戦もどうなるかわからない。
準々決勝では前評判の高い方がずっと負け続けているから、今回もスペインが負けて、パラグアイが勝つのだろうか?
そうしたら、南米ではダークホースのウルグアイとパラグアイ、ヨーロッパではドイツとオランダとなるのだろうか?
オランダやスペインにも頑張って欲しいし、先日、日本と対戦したパラグアイも応援したいなぁ。。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。