上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーチューブなどのflvファイルをiPodで再生する方法はいくらでもある。
また、その方法を解説しているサイトもいくらでもあると思うのですが。。。
正直、いまさらなのですが、「Videora iPod converter」というフリーソフトについてのレビューです。

以前は「Craving Explorer」でflvファイルをmpegに変換して、そのmpegファイルを「Free iPod Video converter」でmp4に変換していました。

ただ、「Free iPod Video converter」で変換すると、画像のアスペクト比が強制的に「3:4(240×320)」になってしまいます。
最新の第5世代のiPod nanoではアスペクト比が「240×376」なので、「Free iPod Video converter」で変換すると、画面の左右に黒いに空洞ができてしまいます。[注] この部分は間違っていました。iPod nanoで、「ビデオ」を選択、続いて「設定」を選択して、「画面に合わせる」をオンに設定すれば、第5世代でも画面全体に表示させることができます。

他に良いソフトがないかと探していたら、「Videora iPod converter」というソフトを発見しました。

これは、最初に使用中のiPodのタイプを指定すれば、それに対応したアスペクト比で変換してくれますので、画面の左右に空洞ができるということもありません。
また、最新のRetinaの高精度画面に対応した、高画質で変換してくれます。(もちろん、元の動画がHDなどの高画質の場合にかぎります。)

無題13


最初に立ち上げた時、端末の種類を選択。これで、OK。

いまでは、「Videora iPod converter」をメインに使うようになりました。
Craving Explorerでユーチューブのflvファイルをmpegで落として、そのmpegファイルを「Videora iPod converter」でmp4に変換。

videorair.png
 
 ⇒「Videora iPod converter」のコンバートの設定

「Videora iPod converter」は、説明も操作画面も全部英文になりますが、英語が分からなくても、視覚的に理解しやすいと思います。
具体的な操作方法を書こうと思ったのですが、「ひでのブログ」さんで詳しく説明されていたので、そこのリンクを貼っておきます。⇒ひでのブログ

参照記事 craving exploreとfree video converterについて
       iPod nano(第5世代)を購入
        

スポンサーサイト
テーマ:ソフトウェア
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。