このブログで最もアクセスの多いのは、レジストリクリーニングについて書いた記事です。

今回は、それと密接に関連するのですが、レジストリの操作を行う前に必ず知っておくべき、「システムの復元」について書きます。作業は、非常に簡単です。(復元ポイントは、コンピュータが定期的に作成しているので、コンピュータが正常に起動していた日時の状態に戻すことができます。また、手動で復元ポイントを作成することも可能。)
もちろん、レジストリの操作をするときだけではなく、パソコンに不具合が起きれば、いつでもシステムの復元でもとの状態に復元させることができます。

まずは、復元ポイントの作成から(windows xpの場合。)

「スタートメニュー」から
①「ヘルプとサポート」を選択。次のようなウィンドウが開きます。
復元1
「ヘルプとサポート」

②上の画面で、「コンピュータの変更をシステムの復元で元に戻す」を選択。
  次のようなウィンドウが開きます。
復元4
「復元ポイントの作成」

③上の画面で「復元ポイントの作成」を選択して、「次へ」をクリック。

④「復元ポイントの説明」に名前をつけて、「作成」をクリック。
  これで復元ポイントが作成されました。


次に、システムの復元について

「スタートメニュー」から
①「ヘルプとサポート」を選択。

②「コンピュータの変更をシステムの復元で元に戻す」を選択。
 次のようなウィンドウが開きます。
復元4
「システムの復元の開始」

③上の画面で、「コンピュータを以前の状態に復元する」を選択して、
 「次へ」をクリック。次のようなウィンドウが開きます。
復元5
「復元ポイントの選択」

④上の画面のカレンダーから、システムチェックポイントの日付を指定して、
 「次へ」をクリック。指定した日付けの状態にパソコンを戻すことができます。

参照記事
レジストリクリーニングのあれこれ 
レジストリファイルをバックアップする
スポンサーサイト
テーマ:役立つツール
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック