上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、Firefoxを使用しているときに、PCがフリーズすることが起きていました。
たぶん、「Metabofix」というツールが原因で、レジストリの不具合とは関係ないとは思うのですが。(「Metabofix」は、Firefoxのメモリを強制的に定期的に解放させるツールです。)

今日、Glary Utilitiesを使って、ひさびさに不要なレジストリ・エントリを消去しました。
(Glary Utilitiesは、レジストリのクリーニングなどをしてくれる、フリーのソフトです。)

ほんとは、確認してから消去した方がいいのですが、一切をソフトにまかせました。PCの調子が悪くなったら、システム復元で前の状態に戻せばいいだろうと思って。(レジストリの操作は、リスクが伴うことなので、やられる場合は自己責任で。)
参照記事 ⇒レジストリクリーニングのあれこれ

Glary Utilitiesで、レジストリをスキャンしたら、154個の問題点を発見しました。

glary14.png

上の図をクリックすれば、拡大して表示されます。

とりあえず、修復しました。たぶん、Glary Utilitiesというソフトは、危険そうなエントリは、そのままに放っているのだと思います。そのぶん、効果はあまり期待できないのかもしれませんね。
いまは、Firefoxのフリーズもごくまれに起きるだけですが、もし頻繁に起きるようになったら、「Metabofix」を一度外してみるつもりです。
参照記事
Windowsユーティリティのシステム復元
このブログのブラウザ分布率、Firefox 3を軽くするツールなど
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:PC不調
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。