上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[2011年9月追加]
ここで紹介したCamera360は、V2.5.1にアップグレードしてから、IS03では使用できなくなりました。
頻繁にバグフィックスがされているので、いまは使えるのかもしれません。確認はしていません。
有料版を購入される場合は、ネットやAndroid Marketのコメント欄などで動作確認をしてからインストールした方がよさそうです。

[本文]
明けまして、おめでとうございます。
本年度がみなんさんにとってよい年でありますように。これからもよろしくお願いいたします。

今回は、IS03のカメラとAndroidのカメラアプリについてです。

IS03のカメラは、960万画素のCCDを搭載している模様。
だけど、小さいレンズに画素数ばかりを増やしたところで、1個の素子の中に入る光量が少なくなるわけで、写真の画質もかえって悪くなるのではないかととも思うのですが。
IS03もせっかくCCDを使うのなら、iPhone4並みに画素数を500万画素くらいに落とせば、少しはよくなったかもしれないけれど、残念ながら「高画素=いいカメラ」という世間の圧力に負けてしまいました。(ぼくがいまメインで使っているリコーの、GRD2とほぼ同じ画素数です! )
競合端末のIS04やT-01Cが、さらに1220万画素のCMOSを出していますが、よけいひどい画質になってしまうのではないでしょうか?(⇒1月13日追加。サンプル写真を見た感じでは、T-01Cのカメラは良さそうでした。)

iPhone4についていえば、きれいに写っているように見えるけれど、それは小さい液晶画面にエフェクトをかけてごまかしているだけで、カメラとしてはIS03以上につまらないというのが、ぼくの印象ですね。

まあ、携帯カメラはおまけみたいなものだし、それだったらいろんなカメラアプリを使って楽しんでやろうと思いました。

①ウバ無音カメラ

muon11.png

これは文字通りシャッター音を消してしまうアプリです。アップルストアだったら直ぐに削除されるアプリかもしれません。

音がまったくならないので、音楽会や美術館などのシチュエーションに便利だと思いました。こうしたアプリが自由にンストールできるのも、アンドロイドらしいと思いました。
(②で紹介しているCamera360にも、シャッター音を消すという設定がありましたが、IS03では消えませんでした。)

②Camera360

came01.png

IS03のカメラは、色の彩度が抑え目です。Camera360には、「Effect enhancement」というモードがあって、それは、元画像の色調を変更せずに、色の彩度だけを増幅させてくれます。淡い色合いになりがちなIS03には便利な機能だと思いました。以下はサンプルの写真です。

①IS03の標準カメラで撮った場合
 下の画像をクリックすれば、拡大して見ることができます。

a11.png

②Camera360の「Effect enhancement」モードで撮った場合

a23.png

冬の午後、薄い日差しの中で撮ったもので、標準のカメラの方が実際の雰囲気を正確に切り取っているのかもしれません。ちょっと、色のノリが物足りない気もしますが。

これ以外でも、
夜間で光量が不足しているときに、画像を明るく処理してくれるモード。
「HDR」の露出の幅を広げてくれるダイナミックレンジモード。
白黒モード、トイカメラ風モード。
「Tilt-Shift Mode」のミニチュア風の写真を撮るモードなど。

このアプリは本当に多機能で、他にも様々な種類のモードやエフェクトが装備されています。
Android携帯には必須のカメラアプリではないでしょうか?

③Retro Camera

icon2.png

これは古い感じの写真を撮るためのアプリ。
昨日、住吉大社の初詣に行く途中でいくつかをこのアプリで撮ってみました。

shot1.jpg

上の写真は、住吉大社の太鼓橋です。
写真があまりきれいでないのは、ぼくのテクニックがしょぼいのが原因です。低彩度、低解像度のモードに設定していたので、それを上げればもっといい写真が撮れたのかもしれません。
以下は、住吉公園から住吉大社駅を撮ったものです。

ret9png.png

あと、これはAndroid携帯のいいところですが、撮影した映像はアプリを終了せずにtwitter、gmail、Evernoteなどの他のアプリに引き渡すことができます。個々のアプリが単独で動くiPhone4と違って、真にマルチタスクなAndroid OSは常に他のアプリと連携した状態で作業することができます。


残念ながら、Android携帯のカメラアプリは、iPhone4に比べたら質と量ともにまだ少ない状態です。1つのカメラアプリをとことこん楽しむのが、Android携帯の正しい使い方だと思いました。ここに紹介したアプリは、すべて無料(広告は入りますが)で、Androidマーケットから落とすことができます。使ってみて気に入って広告が煩わしくなったら、有料版を購入されたらいかがでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:au IS03
ジャンル:携帯電話・PHS
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。