上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは今年初めのことで少し古い話なのですが、Android端末を対象にしたボット型ウィルスが報告されていました。
⇒http://blog.mylookout.com/2010/12/geinimi_trojan/

「A new Trojan affecting Android devices has recently emerged in China. Dubbed “Geinimi” based on its first known incarnation, this Trojan can compromise a significant amount of personal data on a user’s phone and send it to remote servers. The most sophisticated Android malware we’ve seen to date...」(Android端末を対象とした、トロイの木馬が最近中国で発見された。最初に発見された端末から"Geinimi”と名づけられたこのトロイの木馬は、端末の個人データを別のサーバに勝手に転送してしまう。これまででもっとも精巧に作られたマルウェアで......)

感染力は低くて、予防策としてはあやしいサイトからアプリをダウンロードしないことだそうです。
ぼくの場合は、どれだけ効果があるのかは知らないけれど、お守りだと思って無料のセキュリティソフトを1つ入れています。
⇒http://www.droidsecurity.com/

日本仕様にローカライズされたAndroid端末は、お財布ケータイも兼ねるのだから、携帯会社の方でもセキュリティ対策をしっかりやって欲しいものですね。

それと、もう1つ。
(これはすでに解決済みだとのコメントが、auから出ていました。)

これは、IS03、Xperia、T-01Cなどでも報告されており、Android端末全般にかかわることことですが、ある端末ではAndroidマーケットからアプリをインストールできなくなるという不具合。

以下は、ぼくの推論で間違っているかもしれません。

Android端末からgoogleアカウントを取得して、その後、端末を初期化して新たにgoogleアカウントを登録しようとすると、以前の端末情報がgoogle側に残っているので、その端末からは新たなアカウントは取得できない。(auやdocomoの問題というよりも、googleのサーバ側の問題のような気がします。)

すでにこの問題は解決したとの報告がなされているようです。
だけど、新たにgoogleアカウントを取得する場合は、Android端末からではなくて、パソコンからアカウントを取得した方がよさそうですね。

[注]
"Dubbed “Geinimi” based on its first known incarnation"を、”最初に発見された端末から“Geinimi”と名づけられた”と訳しましたが、間違っているかもしれません。
“Geinimi”の技術分析を、以下のサイトで行なっていました。(英文)
⇒Geinimi Trojan Technical analysis

参考記事
いま、IS03を持つということ
IS03を購入して、直ぐに入れたアプリ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:au IS03
ジャンル:携帯電話・PHS
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。