上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これだけ仕事が決まらないと、何かアルバイトを探さなくてはと思い始めています。

20年ほど前、会社を辞めて、次の仕事が見つかるまでの期間、翻訳のアルバイトで生計を立てていたことがあったが、いまでも需要があるのだろうか?

以前、小型のCPUチップの開発に従事していたとき、テクニカルライターが見つからなかったので、ぼくが代役として取説と仕様解説書(日本語と、輸出用の英文マニュアル)を書いたことがありました。その経歴が翻訳会社から評価されて、わりとスムーズに仕事をもらえました。

情報関連の翻訳は、大量に需要があったので(当時の話で、今は分かりませんが)、何とか生活することができました。

とくに、マニュアル関連の翻訳は、パターンが決まっていて、コピーと貼り付けで量を稼げたので、結構おいしい仕事だったと思います。

ネットで調べたら、IT関連の翻訳者の求人が出ていました。

幾つか連絡を取り、トライアル試験を受けてみるつもりです。

とにかく、なにか仕事をしなくちゃ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。