上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏場になると、外気温の上昇につれてPCと周辺機器の温度も上昇する。
以前はクーラーで室温を下げたり、扇風機を当てるなどで対応していたけれど、今年の夏は電力会社からの節電要請もあって、クーラーは高めの設定になりそう。

よけいにPCと周辺機器の温度が気になる。とくにハードディスクは熱に弱いといわれるから、ハードディスクの温度状況は把握しておいた方がいいと思う。

ぼくは、"SmartChecker Mini"で温度のチェックをしている。
これは、ハードディスクの劣化状況を表示するツールですが、同時に温度も確認することもできる(→①)。

SmartChecker
hd10.png
上の図をクリックすれば、拡大して表示されます。

SmartCheckerは、温度だけではなく、ハードディスクのS.M.A.R.T.の各情報を表示する。

 ②しきい値。現在値がこれをを下回ると、ハードディスクの交換が必要?
 ③最悪値。 S.M.A.R.T.の各値が過去最悪となった数値。
 ④ピンク色のメモリバー。重要項目を表わし、この項目の劣化率が大きくなる
  とハードディスクが故障する可能性が大。

⇒ダウンロード先。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se450718.html
(WindowsXP,VISTA,7で動作)

定時的に、ハードディスクの温度を確認したいのなら、"Mam's S.M.A.RT reader"が便利かも。(下の図)

Mam's S.M.A.RT Readerの温度表示
mams1.png

⇒ダウンロード先。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se377883.html
(Windows7でも動作)

またこれら以外に、PCを直接冷却しようと思って、"SX-CL10BK"を購入した。
これは、ノートパソコンの下に敷いて、ファンで送風してPCを直接冷却するタイプ。(日本橋のジョーシン電気で、2,980円)


SX-CL10BK
ima1.png


静音設計のためか、風力が弱く、強力な冷却を期待する人には向きないけれど、自分にはこれで十分だと思う。
クーラーをつけない状態で、45°くらいまで上昇していたハードディスクの温度が、38°前後まで下がった。


参考記事
S.M.A.RT Reader、夏場のハードディスクの温度チェック
ハードディスク関連で、お勧めのフリーソフト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:コンピュータ
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。