上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知っている単語なのに聞き取れない!
ましてや会話の中で、音が脱落したり、つながって別の音になったりしたら、どこで区切っていいのかすら分からなくなる!

このアプリは、そういった英語の音の変化について解説している。
英語のリスニング学習者には、最適なアプリだと思った。
ただ、やや初心者向けか?

元は、”絶対『英語の耳』になる50のルール”という書籍版(CD2枚付き)で、それのiPhone/iPodtouch向けアプリ。
書籍版は2,500円だが、アプリ版は900円。コストパフォーマンスは、こちらの方がかなりいい!

これは私のアメリカでの経験なのだが、
"What was your favorite food? "
と聞かれて、さっぱり意味がわからなかったことがある。
最初の、"what was your"のフレーズがオイジャーという音にしか聞こえなかった。私がイメージしていた、"what was your"の音とは、まったく異なっていた。
その時は、こんな簡単なフレーズも聞き取れないのかと、ショックを受けた。
これは、私のような経験を持つ英語学習者向けのアプリでもある。

以下は、このアプリで紹介している音の変化例。

what's up → ワッサップ
it's not likw → スナライク
check them out → チェケマウ
couple of → カプラ
lot about → ラダバゥ‥など。

慣れていないと、これらのフレーズを聞き取るのは難しいように思う。

また、"can"と"can't"の違いなども。
これらの肯定か否定かの判断は難しく、このアプリはその練習にも最適。
(実際には、音だけで肯定か否定かの判断は難しくて、会話の内容や文脈から判断していくしかないのだと思う。)

losn3.png  lisn4.png
↑図をクリックして、拡大表示

上の図のように、クイズ形式で、「独特な音変化編」、「肯定/否定語編」など間違いやすいテーマごとに、解説されている。

lisn1.png  lisn2.png

上の図のように、聞き間違えた音に関しては、後でまとめてその音の変化を確認できる。

「『英語の耳』になる」は、英語の初心者向けのアプリだが、上級者が音の変化の基本的パターンを確認するのにも最適だと思った。

注意点は、男性の発音がハスキーな感じで、聞きづらかったこと。
北米の標準発音で録音したというが、ちょっと違うような気がしたこと。

元の書籍版はシリーズ化されていて、これ以外に、「実践トレーニング編」、「徹底トレーニング編」なども発売されている。
もし、このアプリが気に入って、もっと豊富な例文で確認したくなったら、これらの書籍の購入を検討されたらいかがだろうか?

参考記事
iPhone、iPodtouch向けの英語辞典の比較・レビュー





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:iPhoneアプリ
ジャンル:携帯電話・PHS
コメント
博士でも聞き取りにくいときあるんですか!!
この本またチェックしときます。紹介ありがとうです!!!(敬礼)
2011/12/14(Wed) 00:05 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
Re: 主婦さんへ
英語は、慣れないと、簡単な単語ほど聞き取りにくいですね。
これは、学校の英語教育では教えてくれない分野でもあるから。

>博士でも聞き取りにくいときあるんですか!!

最近は、聞き取りにくい英語をよく聞いています。
BBCの番組で、「数学の歴史」をやっていて、微積分の誕生、虚数の発見、非ユークリッド幾何学の誕生などのテーマがおもしろくて聞いているのですが、イギリス英語に慣れていないこともあって聞きずらい!!!
この番組は専門の数学者がしゃべっていて、彼には、人に分かりやす口調で話そうという意識がまったくみられないことも関係しているとは思うのですが。。。

子どもの頃から、数学と外国語が大好きでした。
2011/12/14(Wed) 21:04 | URL | sigeru | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。