上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが、今年、はじめての投稿で新年のあいさつもできなくなってしまいました。
いまは、はなはだ忙しく、ブログを投稿する気力が残っていない。
かわりに、以前、削除したゲームの記事をアップしときます。

[本文]
若い頃は、ゲームが大好きで、ダンジョン型RPGのrogue(ローグ)でよく遊んだ。
参照⇒ROGUE(ローグ)

これは、UNIXマシンに添付されていて、テキスト・ベースのRPGで、オンライン(パソコン通信)でも遊べた。当時はインターネットなんかなくて、モデムの通信速度もせいぜい50kbp/sくらいだったと思う。(後には、アスキーからMSーDOS版が出ていた。)

家庭用ゲーム機では、ぼくはFFよりもドラクエ派だった。
ドラクエの世界観は独特で、そこに滞在すること自体が心地良かった。
ドラゴンクエストの箱庭的な世界は、ファミコンやスーパーファミコンのドット絵にこそよくマッチしていたと思う。
ドラゴンクエストには、いまのプレステⅢのような高スペックのハードはいらない。

歴代のドラゴンクエストのなかで特に好きだったのは、ドラクエⅤの「天空の花嫁」だった。

「天空の花嫁」では、ゲームのなかでビアンカとフローラのどちらかと結婚するのだが、それによってストーリーも違ってくる。
ぼくは後の現実の結婚よりも、このゲームのなかでの結婚によけいに悩んだように思う。。。
結局、フローラと結婚してしまうのだが、ビアンカを選んだらどうなっていたのだろうか?

dora1.png


シューティングゲームでは、ゼビウスが好きだった。

zebius.png

ゲームセンターでも遊んだけれど、これのファミコン版もよくやった。
縦型シューティングゲームの傑作というだけではなく、突然現われるナスカの地上絵など、その世界観も斬新だった。
ただ、ぼくはシューティングゲームはあまり得意ではなく、これ以降はシューティングゲームをやることはなかった。

レースゲームでは、エフゼロかな。

fzero.png

これは、スーパーファミコン版のレースゲーム。
他社のレースゲーム開発チームが、これをやって開発を中止してしまったという逸話があるくらいおもしろかった。
スピード感が素晴らしく、16ビットで当時の最新スペックだったスーパーファミコンの性能をいかんなく発揮していた。
その後、ハードは進化して、リッジレーサーやグランドツーリスモなどの傑作レースゲームが次々と発売されたけれど、ぼくにとってはいまでもこれが最高のレースゲームだ。

最後に、バイオハザード。

hazard12.png

初代のPS版だけれど、慣れないと操作が難しく、そのフラストレーションこそが恐怖感を高めていた。
当時のハードは貧弱で、ドアを開くときとかに少しタイムラグが起きるのだが、それすら演出効果のようだった。
映像もとても素晴らしかった。
次回のバイオシリーズからはアクションゲームの要素が強くなるのだが、初代のバイオハザードは、恐怖感の演出がメインテーマだったように思う。ぼくはこれが一番好きだ。

これらのぼくを夢中にさせ、ぼくを寝不足にさせた素晴らしいゲームたち。
もっと書きたいゲームはいくらでもあるけれど。。。

いまでは、ゲームはほとんどやらなくなった。専用のゲーム機も持っていない。iPhoneやアンドロイドに移植されたゲームをたまにやるくらいだ。

先日、ファイナルファンタジーⅢがiPhone/iPodtouch向けに移植されているのを知り、懐かしくて購入してしまった。
20年ぶりくらいに少しやったけれど、敵キャラが強くて仲間が簡単に殺されてしまう。
復活アイテムの、「フェニックスの尾」もすぐになくなった。
どこかに「フェニックスの尾」や、復活呪文の「レイズ」を売っているショップはないのだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:▼ゲームの話
ジャンル:ゲーム
コメント
ノスタルジックな気分
おかげさまで、ドラクエⅢが感動的だったのを思い出しました。

いまでは、PS3といった当時では考えられなかったスペックで映像に優れていますが、十数年前のゲームの方が面白かったかも。

それではまた。
2012/01/18(Wed) 17:50 | URL | グッピー | 【編集
グッピーさん
グッピーさん、こんばんは。
ドラクエ3は、私も大好きでした。
ドラクエでは、3と5と7が好きでした。
最近のゲーム機は持っていないので分かりませんが、最新のHV映像で、バイオハザードやグランドツーリシモをやってみたい気はしますが。

> いまでは、PS3といった当時では考えられなかったスペックで映像に優れていますが、十数年前のゲームの方が面白かったかも。

同感です。
いくらハードのスペックが上がっても、マリオ・ブラザーズの楽しさのスペックまでもが上がるわけではないと思います。
2012/01/18(Wed) 19:10 | URL | sigeru | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。