上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気分転換もかねて、4月から、NHKの「実践ビジネス英語」を再開した。
(以下、実ビジと省略。)

実ビジに出てくる表現は、他の場所でもよく見かける。
これを書きながら、たまたま、思い出す単語やフレーズを書けば、
先日も、アメリカのラジオで、村上春樹の特集をやっているのを聞いていたけれど、コメンテイターの一人が彼のことを、"a huge jazz aficionado"と呼んでいた。(これは、ジャズの愛好家という意味)。
これは実ビジでも何度か出てきた単語で、以前、実ビジでは、納豆好きの人を"a natto aficionado"と表現していた。

"run-of-the mill" 。
「平凡な」を意味するこのフレーズも実ビジでよく出てきた。
先日、The Economistを読んでいたら、"The information leakage is not a run-of-the-mill incident."のような文で、このフレーズで出てきていた。(この情報漏洩は、普通の事件とはわけが違う。)

"on the road"。
「出張中」を意味するこのフレーズも実ビジにはよく出てくるが、TOEIC模試でも何度も見かけた。

"on the road"は、実ビジでは、
"It's great to be back after two weeks on the road touching base with key local retailers to get the skinny on the state of the market."という文の中に出てきていた。

上の文では、"on the road"以外に、"get the skinny on"や"touch base with"なども面白い表現だと思った。

"get the skinny on"。
比較的、新しいスラングだと思うが、「~についての情報を得る」という意味で、これもたまに見かける。
たぶん、 "the skinny" は、 "the naked truth" を意味しているのだろう。

"touch base with"も、
"I'll touch base with you." という感じで、これは、 「あなたに連絡するね」 といったニュアンスだと思うが、これもよく見かける。
このように、映画や雑誌などでは、本当によく、実ビジで覚えたフレーズに再会する。
実ビジには、役に立つ単語やフレーズが満載だ。

リスニングに関しても、スクリプトなしで、実ビジの会話が理解出来れば、リスニング力もそこそこあるのだと思う。
実ビジは、他の教材のように、わざとゆっくりと話したりしないから。
⇒今は4月の初年度だからなのか、いつもよりは内容もやさしく、会話の速度も遅め。実ビジの担当者の方がこれを読んでいたら、もっと難しくしてください。

たぶん、NHKの語学講座では、実ビジが一番難しいと思うが、より歯ごたえのある教材を探している人にはオススメだと思う。
これが、380円というテキスト代だけで済むのだから、英語学習における、究極のコストパフォーマンスだろう。

僕の実ビジのやり方だが、まず、スクリプトなしで聞いてみる。(たいていは、携帯で聞いている。)
杉田先生と、Heatherさんの解説を聞きながら、細かい意味や曖昧だったところを確認をする。
次に、スクリプトを見ながら、シャドーイングをしながら、もう一度聞いてみる。
(音声は、PCに録音して、それを携帯に転送している。)

最後に、自分で音読しながら、それを携帯に録音する。
それから、実際の放送と比較しながら、自分の英語の発音をチェックする。
この頃になると、ほとんどの内容を暗記しているので、スクリプトはあまり見なくていいようになっている。

参考記事
PCM録音と「実践ビジネス英語」とダイエット
スポンサーサイト
コメント
あああああ!!sigeruzさんが一番勉強してるうう!!!

ちょっとだれぎみだった私ですが、見の引き締まる思い(爆)
連休明けたらがんばりますうう!!!
2012/05/03(Thu) 08:46 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
Re: タイトルなし
主婦さん、お早うございます。
昨日は、高槻市でジャズのライブを聞いていました。
以前は、酔っ払ってコメントを入れて、ちょって失礼だったかなと反省していました。

> あああああ!!sigeruzさんが一番勉強してるうう!!!

たぶん、実ビジは、自分とは相性がいいような気がします。
実ビジでは、最後に自分の音読を録音する頃には、ほとんどの文章を暗記しているので、あまりスクリプトを見なくていいようになっています。

TOEICは、最初は新鮮味があったけれど、いまは飽きてきて、あまり対策はしていません。
パート7は、まったくヤル気が起きません。
時間配分をチェックするために、やった方がいいのですが、あの無味乾燥な英文を大量に読んでいくと、途中で放り投げてしまいます。
本番の試験では、さすがに、放り投げることはないと思いますが。

たぶん、TOEIC力と、英語力は別のものですね。
TOEICで高得点を取ろうとするのなら、TOEIC力を訓練する必要がありますね。
若いときは訓練をしていなくても、火事場の馬鹿力でなんとか乗りきれたかもしれないけれど、高齢になると、TOEICの本番で、集中力とスタミナを2時間持続させることができるかどうか。。。

本番の試験で、英語脳に切り替わっていれば、なんとかなるようには思うのですが。(さすがに、満点は無理なような気がします。)
2012/05/04(Fri) 10:24 | URL | sigeru | 【編集
iPod Touchフォロワー
iPod Touchはとても便利にお使いになれます。
タッチの感触は格別です!
このiPod Touchの詳細についてはhttp://ipodtouchapps.net
2012/05/11(Fri) 13:32 | URL | 健治 | 【編集
Re: iPod Touchフォロワー
健治さん、こんばんは。

> iPod Touchはとても便利にお使いになれます。
> タッチの感触は格別です!

ipod touchは、音楽プレーヤーとしてみると、音が悪すぎますね。
音の良さは、おもに、音源(が圧縮されていないこと)と、機器と、イヤフィンに左右されるとは思いますが、ipod touchだと特に音が悪い。
もちろん、ipod touchの魅力は音楽プレーヤとしてではないのでしょうが。

あと、iPod touchは持っているのですが、これを最新のOSにバージョンアップしたら、くそ重くなってしまいました。(日常の使用に、不自由をきたすくらいに。)
iPhoneと違って、iPod touchを最新にバージョンアップするメリットは何もなかったなと後悔しています。

CPUをデュアルかクアトルコアにして、5.5インチくらいの画面で、iPod touchが出たら買いたいですね。
それも、Kindle FireやGalaxy Tabに対抗して、戦略的に値段を下げてくれたら。
2012/05/11(Fri) 21:13 | URL | sigeru | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。