上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、日本橋のジョーシンで、micro SD(32GB、Class10)を、3,000円くらいでワゴンセールをしていた。
Super Talentという無名のメーカーだった。
3年保証がついていたこともあって、買ってしまった。

SD toolsで、アクセス速度を計測したら、
Readが、8.5MB/s
Writeが、6.5MB/s(下図、参照)。
(書き込み済みなので、あくまで蓋然値ですが。)

(図1)
class1.png
↑図をクリックして、拡大表示

以前、同じSuper Talent社の、16GB、Class6を買ったことがあるが、これは、
Readが、24.1MB/s
Writeが、4.3MB/s(下図、参照)。

(図2)
20120528-114221.png

Class6なのだから、読込み速度も遅いはずだと思ったが、実際にはこちららの方は24.1MB/sで、読込み速度は3倍ほど早かった。(厳密には、Classとは書き込み速度の最低速度の値で、Class6では、Write-6.0MB/sを保証。)

microSDカードのClassの違いは、ほとんど意味がないのかもしれない。

気になって、Super Talent社のmicro SD(32GB、Class10)の速度を、
ネットで調べたら、

class2_20120528201059.png

Readが、16.52MB/s
Writeが、14.27MB/s。
micro SDは、同じメーカーの同じ製品であっても、当たり外れが大きいのだろうか?
それとも、端末のCPUやメモリやI/Oのバッファー・サイズやインストールしているアプリなどが影響しているのだろうか?

ちなみに、図1は、Galaxy Wimaxで、
図2は、IS03で、計測しました。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。