先日、第170回TOEIC公開試験の結果が発表された。
結果は965点だった。
いいのか悪いのかよく分からないが、TOEICの勉強は少しはやったつもりだ。もっとTOEICの受験テクニックを磨けば、スコアもアップするのだろう。それで、英語力がアップするわけでもないと思うが。。。

toeic1702.png

リスニングは満点だった。
リスニングは簡単だった。ただ、情報量が多すぎて聞きながら全部を記憶するのに苦労した。特にパート3のナレーションは、新公式問題集Vol.4に比べたら、情報量も多くなっていたような気がした。
幾つかはカンで選んだが、結果は満点だった。

リーディングは、470点。
リーディングは慎重に読んでいたら、途中で時間が足りなくなった。180問あたりで残り15分くらいになってしまった。
それ以降は、本文を読むことをやめて、設問を先に読んでから、その答えが書いてある箇所を探すような読み方に変えた。時間配分に失敗した。
もっと時間配分に注意していたら、リーディングのスコアももっとアップしていただろうと思う。

今回は事情があってTOEICを受けなければならなかったが、TOEICのスコアは英語力のバロメータには決してならない。

TOEICに関しては、「碧(あお)いの日記」というブログに、次のような一文があった。

TOEFL iBTで100点(満点は120点)をとれば、アメリカやイギリスの有名大学・大学院が要求する英語のレベルをクリアできるということですから (TOEICで満点の990点をとっても、ハーバードやオックスフォードには決して留学できません)、100点ホルダーの彼/彼女たちには、新たな選択肢 が生まれることになるのです。


⇒日本における英語能力試験は、TOEICではなくTOEFLで測られるべきだと思うのですが・・・。

ぼくもまったく同じ意見で、英語能力試験は、TOEICよりもTOEFLで測られるべきだと思う。
TOEICの公開試験は、リスニングとリーディングだけで、スピーキングとライティングがない。そもそも、スピーキングとライティングのない語学試験なんておかしいだろう。
それに、世界のたいていの国では、TOEICについては何にも知らない。
たとえ知っていたとしても、英語ができなくて有名な日本人がおこなう英語の資格試験なんて、評価されることもないだろう。

こんなことを書くと気分を害される人がいるかもしれないが、TOEICのスコアがよくても、英語のできない人へのハッタリになるくらいで、決して、英語ができるというわけではない。
これは、ぼく自身がTOEICの受験勉強をやっていたから、よくわかることだ。TOEICの受験テクニックを磨くことで、本来の英語力には関係なく、高スコアは簡単にとれる。

これは、日本でのもう一つの英語の資格試験、「英検」にも当てはまることだろう。
英検1級の人でも、イギリスやアメリカの大学の授業についていけるだけの英語力は持っていないだろう。もちろん、英語力以外にも、専門分野への高度な理解力なども要求されるが。(英検については何も知らないので、間違っているかもしれない。)

最近では、「英検」に比べてTOEICが評価されるのは、試験の質やレベルなどは関係なくて、文科省と経産省の力関係の結果なのだろう。(英検は文科省、TOEICは経産省が管轄。これ以外にも、TOEICの公開試験はリスニングとリーディングだけだから、敷居が低くて誰でも気軽に受けられるということがあるのかもしれない。)
でも、どちらも日本で通用するだけのガラパゴス化した資格なのだろう。

英語の資格試験なんて、イギリスやアメリカの本家に任せておけばいいわけで、日本でわざわざ作る必要もなかったように思う。
この2つの試験を何十年も続けてきて、それで日本人の英語力が向上したということはないのだから。
⇒少し古い資料だけど、2008年度のTOEFLの日本人の平均スコアは、66点で161か国中138位だそうだ。これはアジアでは、カンボジアに次いで下から2番目で、北朝鮮よりも低いスコアだ。
TOEFLは英米の大学に入学しようとする人が受ける試験で、英検やTOEICに比べても、英語力もモチベーションも高い人が受けているはずなのだが。。。
(Wikipedia TOEFLを参照)

参考記事
TOEICが役に立たない理由
電力利権と同じ構図? 日本の英語教育のガラパゴス化を招く TOEIC偏重と経産省の罪 ~中韓もTOEFLに舵を切った!
 
スポンサーサイト
テーマ:TOEIC
ジャンル:学校・教育
コメント
バッサリ切り捨てましたね・・・
TOEICと英検をバッサリ切り捨てましたね。
実は、私もTOEFLやIELTSのほうが興味があるのですが、留学する予定もないのに、2万円も払えません! というのが本音で。
(で、TOEICを年に4回受けていますが、何か?笑)
英検は試験としてはいいと思うのですが、まったくドメスティックすぎて、試験用紙の会場欄を日本語で書かなきゃいけないのが、なんともダサいと思ってしまいます。
日本語が書ける人限定の試験のようです。

昔の大学受験もヘンですね。
今はリスニングが追加されたようですが、ライティングとリーディングのみで東外大に受かった私です。
その当時、外大というと「じゃあ、ペラペラ?」と聞かれましたが、一度も英語しゃべったことありませんでしたから・・・。
2012/06/22(Fri) 17:16 | URL | あっこ | 【編集
勘違いされているかもしれないので
170回の Official Score が郵送されてきましたね。

ひょっとしたら勘違いをなさっているかもしれないので、念のため。TOEIC は日本で開発された試験ではなく、TOEFL も運用している米国の ETS が開発したものです。ETS は、多民族国家であるアメリカにおいて、ビジネスの現場である程度英語が使えることを保証する目的で使ってほしいようですね。(米ビジネスの現場で TOEIC を見たことがありませんが)

現実には、TOEIC が流行っているのは日本と韓国ぐらいでしょうね。
TOEIC 無意味論はよく聞く話で、私も否定はしませんが、わかりやすいテストで、普通の日本人にとって、ちゃんと勉強すれば、ちゃんとスコアも上がるし、良いテストなんではないでしょうかね。
テスト対策だけでスコアを上げるのは賛成できませんが。

個人的には、990 をとれる人の英語力はある程度信頼してもよいと思っています。
2012/06/23(Sat) 08:13 | URL | たろ | 【編集
Re: あっこさんへ
これを書きながら、もしこれをあっこさんか主婦さんが読んだら、気分を害するのではないかと危惧していました。(汗)
私が嫌いなのは、TOEICというよりも、これを運営するIIBCという団体ですね。
なんか利権の温床みたいな気がして。

英語の読解は、TOEIC向けのリーディングをやるよりも、ダーウィンの"On the Origin of Species"などの本を真剣に読むほうが、ずっと力がつくような気がします。
いずれにしろ、私なんかに比べて、あっこさんの方がずっと英語ができると思っています。

2012/06/23(Sat) 13:43 | URL | sigeru | 【編集
Re: たろさんへ
たろさん、コメントありがとうございます。

>ひょっとしたら勘違いをなさっているかもしれないので、念のため。TOEIC は日本で開発された試験ではなく、TOEFL も運用している米国の ETS が開発したものです。

TOEICは、昔の通産省(今の経産省)がアメリカのETSに依頼して作らせたテストだったと思います。ETSは、TOEFLやTOEIC以外にも、各種高校や大学の英語問題なども作っていてる団体で、注文があれば作成するのだと思います。ETSはこの種の分野では、世界一だそうですから。

TOEICは、ビジネスとしては大成功していると思います。
非営利団体にも関わらず、TOEICを運営しているIIBCの理事たちは、1億円の年収があるそうですから。

IIBC executives received a total of \77.5 million in fiscal 2007, with plans to increase it to \100 million in fiscal 2008.
http://www.japantimes.co.jp/text/fl20090818zg.html#.T-U8tZHzkpS

私の個人的な印象かもしれませんが、TOEICは試験内容がかなり偏っていると思いました。
書店の英語コーナーに立ち寄ると、TOEIC対策の参考書がかなりのスペースを占拠しているのに違和感を感じます。
2012/06/23(Sat) 13:46 | URL | sigeru | 【編集
ありがとうございます
なるほど、そこまでは知りませんでした。勉強になりました。ありがとうございます。

今の日本にあった英語学習への動機づけとしての TOEIC は、私は依然高く評価しています。Speaking / Writing がないのも妥当かと。それがあったら、多分、皆受けない(=英語の勉強もしない)。

日本人の英語のレベルが低いのは、やらなくても今まで国内に市場と仕事があったからで、今後は変わってくるでしょうね。そうすると、TOEIC じゃだめだということを知る人や、人事部門も増えるでしょう。

私を含めて、私の周りで、仕事上英語に困らない人は、990 を普通に取れる人なので、990 取れる人は英語力は信頼しています。(それは仕事力や学力を保証しませんが)。
確かに、一般には英語がそれなりに使えるといわれるような 730 以上とか、860 以上とかでも、仕事にならない人も一部にはいますが、大体は得点に比例して、仕事やコミュニケーションができるかな、とも思います。自分が通ってきた道でもありますし、TOEIC は少なくとも日本での英語能力尺度になっていて、受けている人も多いので、評価する側からも便利に使っています。

そんな感じで、日本人に合った TOEIC も悪くないじゃない、というのが私の主張です。内容に偏りというのは、ありますね。昔(20年ぐらい前に良く受けていた)より、変な問題が増えている印象はあります。きっと、レベルが微妙に上がってきて、統計処理がしやすいように、そういう問題が増えているんでしょうね。
2012/06/23(Sat) 18:05 | URL | たろ | 【編集
Re: たろさんへ
私もまったく知らなかったのですが、せっかくTOEICを受けるのだから、TOEICやそれを運営するIIBCという団体について調べてみようと思いました。
そしたらたまたま、The Japan Timesの
"TOEIC: Where does the money go?"という記事を見つけました。

衝撃的なタイトルですが、IIBCは公益法人だから、必要以上に収益を出せなくて、不透明な散財をしているという内容でした。
非営利団体が想定外に儲かった場合は、その収益の使われ方をチェックする機関はないのでしょうね。
株式会社だったら、株主や監査役のチェックが入るし、株主たちも当然利益の配分を要求してくるのですが。。。

後で気づいたのですが、「TOEICを運営しているIIBCの理事たちは、1億円の年収があるそうですから」は間違いで、 理事たちに支払われるトータルのお金が1億円でした。

Watanabe's IIBC salary is unknown, but financial statements show compensation paid to executives rising last year. IIBC executives received a total of \77.5 million in fiscal 2007, with plans to increase it to \100 million in fiscal 2008. There are at least four executives paid by the IIBC.
http://www.japantimes.co.jp/text/fl20090818zg.html#.T-Xi2ZHzkpR

>仕事上英語に困らない人は、990 を普通に取れる人なので、990 取れる人は英語力は信頼しています。

そうでしょうね。
英語力をあげないと、TOEIC対策だけでは、990点をとるのは難しいと思います。
私の場合は、引っかけ問題に騙されるだろうし、マークシートを200回も塗りつぶしていたら記入ミスもやらかすだろうから、990点をとるのは難しいと思っています。
2012/06/24(Sun) 09:27 | URL | sigeru | 【編集
今日171回のTOEICスコアがわかり、「そういや。。sigeruさん前回うけてたけどどうなってたんやろ」とむちゃひさしぶりにのぞいたら!!
965も取ってたやん!!報告しにきてええや!!!
やっぱりすごいわ。。。

なんだかんだいうても、このあたりのスコア取れる人は力あんねんよ。ほんと。あっこさんもだけど。

どうしても私860前後だわ~(汗)

171回、885でした(涙)

受験するパワーがでません。。。今後どうするか未定(汗)
2012/07/17(Tue) 21:23 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
Re: 主婦さんへ
こんばんは。

>965も取ってたやん!!報告しにきてええや!!!

主婦さんが、この記事を読まれたら、気分を害されるのではないかと危惧していましたから。(汗)
本当は、TOEICで満点をとってからTOEIC無用論を書きたかった。(汗)

個人的には、TOEICは比較的簡単にスコアアップができて、日本人にとって敷居の低い試験であることが、人気の理由だと思います。
トータルにバランスのとれた英語力が必要で、それがなければスコアアップができない形態の試験だったならば、こんなに人気にはならなかったはずです。

TOEICのスコアアップのアドバイスをするならば、まずは、試験と同じ時間設定で、実際に問題を解いてみること。
試験の流れや時間配分を身体で覚えるために。
(私は前回のTOEICテストでは、リーディング部門で時間配分に失敗しました。もっと時間配分に注意していれば、もっとスコアアップしていたはずだと思っています。)

外国語の習得とは、頂上のない登山に出かけるようなもので、もっと高い頂きが絶えず現れてくるから、これで終わりということはないのでしょうね。
2012/07/18(Wed) 20:07 | URL | sigeru | 【編集
「外国語の習得とは、頂上のない登山に出かけるようなもので、もっと高い頂きが絶えず現れてくるから、これで終わりということはないのでしょうね。」

そうですよね~(号泣)だからやりがいがるのでしょうが、自分の非力さにへこみます(汗)

で、sigeruさんの 実際の顔、なんでしょうか?昨日こんなのあったかな。
実物だとしたら、私がおもっていたsigeruさんはもっと「悪そうなイメージ」でした(爆)
ミナミでふらついて「危険な香り」のする。。(爆)
まじめそうやわ(笑)

ではでは(笑)

2012/07/19(Thu) 18:09 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
Re: 根が真面目ですから。。。
>まじめそうやわ(笑)

根がまじめですから。自分で言うな。。。(汗)

最近は太ったから、少し痩せたいですね。
なんとなく、エアコンをつけるのがはばかられて、扇風機で我慢していますが、
暑さのためか、以前ほど食欲がありません!

テレビで、節電の特番とかをよくやっているけれど、エアコンの設定温度を上げろとか、使わない電化製品はコンセントを抜けとか。。。。
だけど、何故、節電のためにはテレビを切った方がいいとは言わないのでしょうか?
テレビ局の、こうした自分たちに都合のいいだけのものいいには、説得力がないですね。
2012/07/19(Thu) 21:46 | URL | sigeru | 【編集
こんばんは、お久しぶりです。さきほど初TOEIC完了しました
Rは簡単だったのですが、Lが予想を遥かに下回る出来で、今L対策に何をすべきかで頭がいっぱいです
sigeruさんみたいにリアルで英語を聞く環境に無いので、スクリプト付きのpodcastとかを駆使して
量をこなす作戦を考えてますが(TOEIC対策の勉強は終了)
何かアドバイスを頂けたら非常に嬉しいです
単語量、個々の単語の発音、リーディングは
クリアしてるのにLが。。。。。
(イヤホン環境だと公式4,5で90強は正解できますが。。。)
2012/09/23(Sun) 17:44 | URL | 二郎 | 【編集
Re: 二郎さんへ
> こんばんは、お久しぶりです。さきほど初TOEIC完了しました

二郎さん、お久しぶりです。
TOEIC試験、お疲れ様でした。

> Rは簡単だったのですが、Lが予想を遥かに下回る出来で、今L対策に何をすべきかで頭がいっぱいです
> sigeruさんみたいにリアルで英語を聞く環境に無いので、スクリプト付きのpodcastとかを駆使して
> 量をこなす作戦を考えてますが(TOEIC対策の勉強は終了)
>何かアドバイスを頂けたら非常に嬉しいです

TOEICのLはパターンが決まっているので、公式問題や類似の模擬問題を繰り返しやるのが一番効果的だと思います。
ちょっとした引っかけ問題も、似たようなパターンが繰り返し出されるようなので、それらの対策も兼ねて。
あまり解答になっていないかもしれませんが、Lは一定量をこなすと、その後は飛躍的に上達しますよ。
わたしの場合がそうでしたから。
相互リンクをしている、”続しんまに日記”というブログがあって、そこの管理人の女性は、TOEICのスコアが985点です。
彼女だったら、TOEICのLに特化した、もっと適切なアドバイスをしてくれるかもしれません。
たしか、ブログでリスニング強化方法について書かれていたと思うので、ここのブログは参考になるかもしれません。
ここは、A&A Englishという、格安のオンラインスクールも運営されていて、これもおススメだと思っています。
一度、”続しんまに日記”を覗いてみられたらどうでしょうか?

実際のリスニングでは、TOEICみたいにゆっくりときれいな発音で話してくれないから、もっと大変です。これも、場数をこなすしか方法はないような気がします。
語学に関しては、「習うより慣れろ」だと思っています。
2012/09/25(Tue) 19:08 | URL | sigeru | 【編集
sigeruさんレスありがとうございます
>あまり解答になっていないかもしれませんが、Lは一定量をこなすと、その後は飛躍的に上達しますよ。
わたしの場合がそうでしたから。

目からウロコです。まずは臨界点突破を目指して
”綺麗な”英語リスニングを毎日継続していこうと思います。映画等の実践レベルはその後で。。。

続しんまに日記さんのブログを見ました。
格安のオンラインスクールにびっくりしました
自分はまだまだインプットが絶対的に不足しているので(特に音声での)TOEICのLが満点近くまでは、地道に勉強して、それから参加してみようと思います。
いわゆる”英語のお勉強”は卒業して、kindleの多読、audible,podcastt等のリアル英語に質を意識しつつ、量をこなす方向に転換します。

非常に有益なアドバイスありがとうございました
2012/09/27(Thu) 20:08 | URL | 二郎 | 【編集
sigeruさん、こんばんは
先ほど先月に受けたTOEICの結果が出ました
L460 R470の930でした。
Lが予想よりずっと上でRが予想より下と
予想外の結果でした
今はkidleで毎日新聞を読んでますが、記事によってはかなり手こずります
日本語を読む感じで読めるようになるのは
いつの日になるやら、、、
使用語彙レベルを考えても、TOEICは
特殊な試験ですね、参考程度。
2012/10/16(Tue) 16:38 | URL | 二郎 | 【編集
Re: 二郎さんへ
二郎さん、お早うございます。

>L460 R470の930でした。

R470はすごいですね。
私は、TOEICのLのスピードについていけないように思いました。
普段は、英語も日本語も、読む速度はそんなに変わらないのですが。
コンピュータなどの専門書や論理的な読み物は、英語で読んだ方がスムーズに頭に入ってくるので、英語の書籍が入手できる場合は、そちらを読むようにしています。

>今はkidleで毎日新聞を読んでますが、記事によってはかなり手こずります

これは英語というよりは、内容によるのではないでしょうか。
日本語で読んで難しい内容は、英語でも難しいですから。
たいていの英語の書籍は、日本人の英文法の知識で十分で、後はいかに語彙力を高めるかが重要な気がします。
2012/10/18(Thu) 08:13 | URL | sigeru | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック