上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくは、iPad やNexus 7 などのタブレットは持っていません。
持っているのは、Kindle fire HD と Kindle Paperwhite のみ。
Kindle fire HD もタブレット端末というよりも、電子書籍として使っています。

一時期、周りの影響からか、iPad が無性に欲しかったけれど、いまはそんなに欲しいとは思いません。
スマフォやタブレットは株の売買には向いていないし、ぼくはどこにいても、大きい画面とキーボードは不可欠のインターフェースだと思っているから。(瞬時に値が動く株のトレードでは、タッチ操作は適していない。)
だから、いつもはスマフォと13インチのノートPCを持ち歩いています。
以前は、15インチのPCを持ち歩いていたけど、さすがにこれは大きすぎて持ち歩くのが嫌になりました。

今度、買おうと思っているのは、14インチの、Core™ i7 を搭載したThinkPad。

普段は、荷物を増やしたくないこともあって、Kindle fire HD や Kindle Paperwhite は持ち歩いていません。
そんな場合に限って、急に時間が空いて kindle 書籍を読みたくなるのですが、現時点、PCでは日本Amazonで購入した Kindle 書籍を読むことはできません。
これは、日本Amazonが、PC for Kindle や Kindle Cloud Reader などのアプリを提供していないため。(アメリカのAmazon.comでは、提供されていています。)
ただ、iPhon, iPad や スマフォやAndroid タブレットには、専用アプリを提供されているので、Kindle がなくても、これらの端末から Kindle 書籍を読むことができます。

PCでKindle 書籍を読むために、なにかいい方法はないかとネットで探してみると、見つかった。

PCで Android アプリを動かすエミュレータ、BlueStacks。
これで、PCで、Android アプリの Kindle for Android を使えばいいんだ!
⇒ただし、いまはまだbeta版の提供で、不具合も多少あるようです。

BlueStacks のインストール方法は、次のサイトを参照。

⇒公開10日で100万DL|AndroidアプリをPCで動かすBlueStacks

以下は、PCで BlueStacks を使って、Kindle for Android アプリを動かしているところ。

 1.書籍一覧
kindle41.png


 2.マンガを表示させているところ
kindle81.png

もちろん、Kindle fire HD や Kindle Paperwhite などのネイティブ端末に比べると、見た目や使い勝手は多少劣るとは思います。
だけど、ぼくみたいに、普段からPCのみを持ち歩く者には、便利なソフトウェアだと思いました。

BlueStacks の使い方は簡単です。
まず、PCから BlueStacks を起動して、アンドロイドのKindle アプリをインストールする。
次に、BlueStacks のマイ・アプリから、Kindle アプリを起動し、Kindle とシンクしてKindle 書籍を読み込む。後は、読み込んだ Kindle 書籍を表示させるだけです。

《追記》
けっして、Kindle でマンガばかりを読んでいるわけではなく、たいていは、英書をメインに読んでいます。(汗)
とくに英書はKindle Paperwhite で読むのが、一番楽だから。
紙の書籍では、時間があれば、村上春樹の新作、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 を読んでみようと思っています。

この本はアマゾンのレビューでは、面白いくらいに酷評されていますが。。。

《参考記事》
kobo touchの購入とその後の顛末
楽天のkobo は Kindle と違って、micro SDが使えるし、多くのファイル形式に対応しているので、自炊派には、kobo glo もおすすめかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
エコノミスト 音声ダウンロード
sigeruさん、
ちょっと聞きたいことあって(笑)
エコノミストのHPで記事の音声をダウンロードできるって、本に書いてあったんだけど、
有料なんかしら(汗)
したことある?
CNNよりゆっくりだし、ききとりやすいのでダウンロードしてウォークマンとかに取り込めないかと思ったのよ。
今日も昼以降、いい天気ね~♪
2013/06/10(Mon) 15:24 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
Re: 主婦さんへ
こんばんは。

> エコノミストのHPで記事の音声をダウンロードできるって、本に書いてあったんだけど、
> 有料なんかしら(汗)
> したことある?

さっき、エコノミストのサイトに行ったら、次のように書いてありました。

Print + Digital subscription, \ 690 per week

・Weekly delivery of The Economist in print
・Full access to each week’s issue via The Economist apps for iPad, iPhone, Android, Windows 8, BlackBerry PlayBook and BlackBerry 10.
・Full access to Economist.com and The Economist in audio (mp3).

音声を落とせるのは、Digital版を購入した場合のようです。
Print版からPrint + Digital版に変更する方法については、直接、エコノミストに問い合わせられたらどうでしょうか?
one issueにつき、130円の差額だけを払えばいいのか、それとも、Digital版の443円を払って、新たにDigital版を購入する必要があるのか、サイトには書かれていなかったので。
昔は、Android端末に、無料で、主要記事とその音声を落とせたのですが、いまはできなくなっていました。
Podcastで音声を無料で落とせるようですが、これもわずかなので、ちゃんと聞こうと思ったら、Digital版も購入する必要があるように思います。
2013/06/10(Mon) 23:03 | URL | sigeru | 【編集
sigeruさん、情報ありがとう~♪
エコにミスト本社のサイトから雑誌を購入してなくて(汗)
fujisanとかいう通販会社で定期購読した。3か月。一冊当たりの値段がそっちの方が安かったのよ。。

もうちょっとサイトをよく見てみるわ~。

ひー。デジタル版。。。苦手~(泣)

台風来るらしいね。。
2013/06/11(Tue) 10:27 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
日中、エコノミストのサイト、みてきました。
たしかに、プリント版とデジタル両方の購読にすれば、フリーアクセスというのが魅力ですよね~。
実際、fujisanで3か月購読してて7月に終わるのですが、 プリント版だけなら、
エコノミストサイトからの購読と 割引率は同じでしたわ。。(汗)

しかし、思うに、昨日、エコノミストの冊子が届いたのですが、ネット上でバンバンアップされてますよね・・・(汗)

お金を出して買う意味あんのかしら。。。って思いましたな(汗)
記事も途中でその続きは購読してねというのもあるけど、だいたいにおいて、自分が読みたいのはネット上でフルカバーしているかんじが(汗)

何がええのかわからん。。。。。

台風それたんかな。。。

金曜日、美容院なのよね~(汗)
学校が台風で休みになると困るのよね~(T T)
2013/06/11(Tue) 17:51 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
Re: 主婦さんへ
私は普段は、Economist.com で無料の記事を読んでいます。それで面白そうだったら、zinio というサイトから、Digital版を、\ 707 でランダムに購読しています。
Digital版は、面白そうだと思ったら、Send to Kindle というアプリで、Kindle に送信できるから、そうしたら offline でも Kindle でゆっくり読めるから楽ですよ。(英文は、紙媒体よりも Kindle の方が読みやすいように思います。)

さらには、Moreover, digital magazines have one crucial advantage over printed ones - searchability.
I mainly read Nikkei's digital edition for its easiness to find related articles.

日経新聞をprint版で読むのは、週末くらいです。

⇒昨日、Economist in digital の値段を \ 433 per week と書いたけれど、これは3年購読の場合で、3か月分は 、\ 541.67 per week になっていました。

これから、晩飯を食べに行きます。
2013/06/11(Tue) 18:25 | URL | sigeru | 【編集
Re: Re: 主婦さんへ
\ 433 per week は、433円 per week の意味です。
半角の¥マークが、正しく変換されませんでした。
2013/06/11(Tue) 18:30 | URL | sigeru | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。