自分はほとんど本を読まないのだが、たまたま時間が空いたので、Arthur Conan Doyle の "A Study of Scarlet " を読んでみた。
これはずっと前に、著作権が切れて無料になった他の本と一緒に、Kindle に放り込んでいたものだ。
先日、たまたま時間が空いたので、スタバに寄って読んでみた。

英語に関しては、100年以上も前の本だから古い表現が多く難しいだろうと思っていたけれど、わりとスムーズに読めた。

ここに一部を貼り付ければ、

it attempted to show how much an observant man might learn by an accurate and systematic examination of all that came in his way. It struck me as being a remarkable mixture of shrewdness and of absurdity.The reasoning was close and intense, but the deductions appeared to me to be far-fetched and exaggerated. The writer claimed by a momentary expression, a twitch of a muscle or a glance of an eye, to fathom a man's inmost thoughts.

Deceit, according to him, was an impossibility in the case of one trained to observation and analysis. His conclusions were as infallible as so many propositions of Euclid. So startling would his results appear to the uninitiated that until they learned the processes by which he had arrived at them they might well consider him as a necromancer.

"From a drop of water," said the writer, "a logician could infer the
possibility of an Atlantic or a Niagara without having seen or heard of
one or the other. So all life is a great chain, the nature of which is
known whenever we are shown a single link of it.

こんなことを書くとシャーロキアンに怒られるかもしれないが、"A Study of Scarlet " は短かいし、ちょっとした時間つぶしにはよかった。
科学に対する無邪気な楽天主義も、イギリスのビクトリア朝の時代精神 (Zeit Geist) を反映しているようで、なんとなくおもしろかった。
当時は、プランクの量子仮説やハイゼンベルクの不確実性原理やゲーゲルの不完全性定理などのお化けがでてくるずっと前だから、実験や観察や論理的な思考から真理に到達できるはずだと、無邪気に信じられていたのだろう。

あらためて、小説は、その時代を写しだす鏡なのだと思った。

"A Study of Scarlet " は、英語はやさしいし、無料で Kindle に落とせるし、かなりおススメです。
シャーロック・ホームズのデビュー作であり、ミステリーとしても、a human tragety としても、文句のつけどころのない傑作を、こんな風に安易に紹介するのもどうかと思うけれど。
アマゾンのレビューに、「これを読んだら、全巻を読みたくなるような本」と紹介されていましたが、まったくその通りで、ぼくも、他のホームズ・シリーズを読みたくなりました。

ほぼ同時代の、日本の作家の樋口一葉や二葉亭四迷などを、日本語でこんなにスムーズに読めるかと聞かれたら、ぼくにはまったく自信がありません。(汗)

原文は無料で、以下のサイトかアマゾンから落とせます。

⇒Project Gutenberg

《追記》
あらためて読み返したら、情景がよく浮かばずに、分かったつもりで読み流していたことに気づいた。(汗)

一例をあげれば、

I was a strollin' down, thinkin' between ourselves how uncommon handy a four of gin hot would be, when suddenly the glint of a light caught my eye in the window of that same house. Now, I knew that them two houses in Lauriston Gardens was empty on account of him that owns them who won't have the drains seen to, though the very last tenant what lived in one of them died o' typhoid fever. I was knocked all in a heap therefore at seeing a light in the window, and I suspected as something was wrong. When I got to the door----"

上の文では、以下の箇所がよく分からなかった。

thinkin' between ourselves how uncommon handy a four of gin hot would be,  

ここだけの話、ホット・ジンを4ハイ、飲みたかった?
でも、それだったら、four hot gins と素直に書くと思うけれど。
また、過去の仮定の話で、 "would be" が使われるのもおかしいような気もするが、会話文だからいいのかな。
130年前の英語の語法については詳しくないから、よく分からない。。。

⇒調べたら、"a four of fish" で、4ペニーで買えるフィッシュとポテトチップという意味があるそうだ。( "Four of fish" is a popular order representing four pennies' worth of fish and chips, )
"thinkin' between ourselves how uncommon handy a four of gin hot would be," の意味は、ここだけの話、安いホット・ジンの一杯でもひっかけたいと思いながら。

I knew that them two houses in Lauriston Gardens was empty on account of him that owns them who won't have the drains seen to, though the very last tenant what lived in one of them
died o' typhoid fever.


これも、them や him が何を指すのかやどれがどこにかかっているのかなどがよく分からなかった。
たぶん、意味は、ローリストン・ガーデンのその家は2つとも空き家だった。家主は、排管が壊れていたのに修理をしなかった。片方の家に住んでいた最後の住人は腸チフスにかかって死んでしまったのに。
("won't have the drains seen to," は、排水が悪いのに直さなかったこと?)

その空き家の中から明かりが見えたので、おかしいと思って家の戸口まで行った。
自分の英語の読解力もかなりいいかげんで、分かったようなつもりで流し読みしていた。

英語は、コンピュータなどの専門書が一番やさしくて、ノベル、とくに古いノベルを読むのは苦手だ。

<関連記事>
「星を継ぐもの」、SF史上に燦然と輝く傑作
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/22(Fri) 13:04 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック