昨日は、青色LEDの研究・開発に対して、日本の科学者3人のノーベル賞授与が発表された。日本人として、とてもうれしかった。

アメリカのニュースでは、中村修二教授は日本人ではなく、アメリカ人(U.S citizen と書かれていた) になっていましたが・・・。(爆)

今日はノーベル化学賞の発表があって、3人のアメリカ人(アメリカ人2人と、ドイツ人1人)が受賞していました。受賞理由は、光活性局所顕微鏡の研究・開発。
日本では、これについてはほとんど報道されていなかった。
ノーベル化学賞に関しても、もっと注目すればいいのに・・・。

ちょっとあまのじゃくな意見を書くならば、ノーベル賞はあまり公平な賞ではないように思います。
純粋に科学的な業績で決まるわけでもなく、裏で政治的な綱引きなどもあって受賞者が決まるように思うから。
今回のノーベル物理学賞でも、赤色LEDを試作して、LED(発光ダイオード)自体を考案したニック・ホロニアック元教授は選ばれなかった。
青色LEDだけで3人もノーベル賞を受賞するのならば、当然、ホロニアックもその栄誉に加えられるべきだったと思います。
彼はすでに1963年の論文で、自分のLEDがエジソンの電球に取って代わるだろうと予言していました。

アメリカの新聞にこんな記事があったので、一部を抜粋・翻訳してみました。(訳の最後に、もとの英語の部分も表示しました。)

⇒Nobel snub for former UI prof

《ノーベル賞委員会が元イリノイ大学教授を無視》
今週の火曜日、LED(発光ダイオード)の研究・開発に対して、3人の科学者にノーベル賞が与えられた。
しかし、LEDの生みの親と見なされている男はその中にはいなかった。
イリノイ大学の元エンジニアリング教授のニック・ホロニアックは、1962年、最初のLEDを発明した。
それだけでなく、ホロニアックは、今回ノーベル賞を授与された、青色LEDの発明につながるような成果もいくつか生み出している。
『根本において、LEDの生みの親はニック・ホロニアック教授だ。ホロニアックも、今回のノーベル賞受賞者に加えられるべきだった。』
イリノイ大学のエンジニアリング教授で、長い間、ホロニアック教授の同僚でもあったミルトン・フェングは、このように語った。

Three scientists were honored with Nobel prizes Tuesday for their work on light-emitting diodes, but the man considered the father of the LED wasn’t among them.
Retired University of Illinois engineering Professor Nick Holonyak Jr. developed the first visible LED in 1962, as well as other advances that paved the way for the invention of the blue LED honored by the Nobel committee, his colleagues said.
“Fundamentally, the father of the LED is still Professor Nick Holonyak Jr.,” said Milton Feng, UI engineering professor and a longtime Holonyak associate. “He should be included.,”

最初のパラグラフのみを訳しました。もとの記事は長めですが、いろいろと示唆に富んでいて興味深い内容でした。是非、もとの記事も読んでみてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック