上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まったく突然に、Nirvana を聞きたくなった。(Nirvana は、ほぼ20年間、聞いていなかった。)
ボーカルのカート・コバーンがピストル自殺したのは、たしか、1994年だったと思う。
今年で、ちょうど20年目だ。



〈About a girl〉
I need an easy friend
I do, with an ear to lend
I do think you fit this shoe
I do. won't you have a clue

I'll take advantage while
You hang me out to dry
But, I can't see you every night
Free
I do

I'm standing in your line
I do hope you have the time
I do pick a number too
I do keep a date with you

I''ll take advantage while
You hang me me out to dry
But, I can't see you every night.
Free
I do.

当時は、わかったつもりで聞いていたが、あらためて聞くと歌詞の意味がよくわからなかった。(汗)
いくつか歌詞の翻訳サイトをあたってみたが、どれも間違っているように思った。
たとえば、あるサイトでは、I do pick a number too の意味が、「電話番号を教えてもらう」になっていた。
これは、「マリワナを持ってくる」という隠喩だと思うのだが・・・。

試しに、私も、訳してみました。
間違っているかもしれないが・・・(汗)

〈アバウトアガールl〉
気楽な友達が欲しい
ちゃんと話を聞いてくれる
お前こそ、うってつけだ
お前に、わかるかい
お前こそ、うってつけだ

お前がおれにつらくあたる間は、
おれもうまくやるよ
だが、毎晩会うわけにはいかない
フリー
アイドゥー

おれはお前のすぐそこにいるよ
お前に時間があればいいのに
ハッパも持っている
お前とずっと一緒にいたい

お前がおれにつらくあたる間は、
おれもうまくやるよ
だが、毎晩会うわけにはいかない

9行目の、Free は「ひま」という意味かと思ったが、よく分からなかった。
「ただ」という意味かもしれない。
これだと、マリワナを持っていないと、相手の女性がただでは会ってくれないという意味になる。

これ以外でも、他の箇所でもいくつか分からなかった。
たとえば、6行目と7行目とか。

I'll take advantage while
you hang me out to dry
「お前がおれにつらくあたる間は、
おれもうまくやるよ」

研究社のリーダーズ英和辞典によると、hang [somebody] out to dry は、「非常にきびしく人に当たる」という意味だそうです。
まあ、カート・コバーンの言葉は、英語の原文においてもいろいろな意味を含んでいて、一義的な解釈を許さないようなところがありますね。
もう一度、Nirvana をじっくりと聞いてみたいと思いました。
知りあいの女性に話したら、Nirvana は暗いから、オアシスを聞いた方がいいと言われました。(爆)

カート・コバーンは27歳で自殺したが、27歳で亡くなったロックスターを、The 27 Club と呼ぶそうですね。
ジム・モリスンやブライアン・ジョーンズやジャニス・ジョップリンやジミ・ヘンドリックなど・・・。



スポンサーサイト
コメント
27club
Nirvana

恥ずかしながら初めて聴いたと思いますが、なるほど、この時代の音と雰囲気ですね。

27Clubって言い方も初耳ですが、なるほどなあ、と。
クスリなのか行き詰まりなのか、ホントのところは分かりませんが若くして死んでしまうロックスターたち。
死んでなお作品が生き続けているところに、音楽や絵画の凄さを思います。

久々にジャニスを聴きたくなってしまいました(^^)
2014/10/27(Mon) 21:45 | URL | 管理栄養おたぬき | 【編集
Re: 管理栄養おたぬきさんへ
こんばんは。
Nirvana は当時のいろいろなことを思い出すので、いままで、なんとなく避けていました。

>久々にジャニスを聴きたくなってしまいました(^^)

そういえば、Nirvana の Lithium とジャニスの Me and Bobby McGee は似ているように思いました。
表面が雑(the good old loudness)なようで、どちらも核の部分はとても繊細で静謐なように思うから。
カートもジャニスも亡くなって長い時間が過ぎたけれど、カートやジョニスだけの音とか時代の雰囲気とかがあって、それらはどんなに時間が過ぎようとも決して色あせないのだと思います。

私も、ジャニスを聞きたくなりました。

2014/10/28(Tue) 20:06 | URL | shige | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。