上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
途中何度も放り投げながら、1年近くかかってキングの "It" をようやく読了。
Kindle 表示で1400ページほどの長編で、これ以上長い小説はたしか高校のときに読んだトルストイの 『戦争と平和』 くらいです。(爆)
たぶんキングが作家として一番脂ののりきっていたときの作品で、彼の圧倒的な筆力にノックアウトをくらいました。

ただ、キングの英文はwordyで語順なんかもちょっとくせがあるから、一読しただけではよくわからない箇所もあった。
適当に一つ選ぶならば、例えば以下の表現とか・・・

the booklet went on to warm that a slingshot could be dangerous; the owner should no more aim one of the twenty ball-bearing slugs which came with it at a person than he would aim a loaded pistol at a person...
ガイドブックによれば、実弾を込めたピストルを人に向けてならないと同様、
20発添付の玉を入れたスリングショットを人に向けてはならない。同じくらい危険な行為だ・・・

たぶんこんな意味だと思うが、一読しただけではよくわからなかった。
キングは学校英語では絶対に習わないような口語表現も多く、アメリカのポップカルチャーなんかもふんだんに出てくるから、それらの背景知識がないとちょっとしんどいのかもしれない。

もう一つ例を挙げれば、
so scared, he was nearly creaming his jeans but laughing wildly all the time.
怖くてジーンズにちびるところだったが、それでもその間中ずっと笑いころげていた。
たぶんこんな意味だと思う。creaming his jeans は「ちびる」という意味だと、昔、どこかで聞いた記憶があるから。
辞書やネットで調べたわけではないから、間違っているかもしれないが・・・

⇒やっぱり間違えていた。(爆)
ネットで調べたら、cream your jeans はスラングで、premature ejaculation だそうです。
「ちびる」には両方の意味があるから、そんなに離れていないか・・・。

キングは比喩表現がとてもうまいと思う。
いくつか例を挙げれば、

The huge sunflowers nodded sagely togather.
巨大なひまわりが一緒になって物知り顔におじぎをした。

His eyes looked like rasins pushed into dark circles of sweat.
彼のひとみは汗で黒ずんだ眼のくぼみの中に押し込まれた干しぶどうのように見えた。

昔はハンサムだったが今は太ってその面影もないということを、キングはこんな風に表現する。
The sharp, handsome features I remenbered were buried in an avalanche of flesh. するどくハンサムだったかっての彼の姿は、今では肉のavalanche(なだれ)の中に埋もれていた。

キングはこうした比喩表現が豊富で、彼の英文は読んでいてとても楽しい。
あるサイトでネイティブの読者も、キングの言葉の使い方についてこんな風に絶賛していた。
I love King's way with words. That's what has kept me going…

ちょっと疲れているので、 "It" の詳しい感想は後ほど書きます。
個人的には "It" は、キングの最高傑作だと思う。

4月から、NHKの語学講座、『実践ビジネス英語』 を再開しました。
どうせ途中で飽きてやめるだろうけれど・・・。
PCでエアチェックしたものを、Googleドライブでスマホに落として、休日に近くの公園に出かけてまとめて聞いています。
その後は自分でもテキスト文を articulate して それを Hi Quality Rec というスマホアプリで録音し、放送で聞いた音と自分の英語の音がどう違うかをチェックしています。
できるだけテキスト全文を丸暗記してそらんじるように努めながら・・・。

⇒Stephen King の文体について


スポンサーサイト
コメント
あ。ちょっと巡回しない間に、キング読了して、感想アップしてた(爆)

連休、いかがお過ごしですか?((笑)
こちら。ブログ参照。

早く連休、終われ~(-_-)(-_-)

It、よかったですか~(≧▽≦)
最新作品、finders keeper が賞をもらってるらしいのだが。。
読みたくなるけど、読みはじめると、他の作品より読みにくくて、後悔し、
ラスト、感動してまた読もうと思う、繰り返しですわ((笑)

ではまた♪
2016/05/07(Sat) 21:12 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
主婦さんへ
"It"はいいですよ。
Stephen King はそんなに読んでいないので、"It"を彼の最高傑作だと断言するのは少しおこがましいのですが。

個人的に、一番難しいと思った英語の小説は、大学生のときに読もうとして挫折したJames Joyceの"Finnegans Wake"です。
ほとんど理解できなくて、直ぐに放り投げましたが。
ネイティブや言語の才能に恵まれた人達を含めて、"Finnegans Wake"を読んで理解できる人はいるのだろうか?
Joyceは自分の世界観を表現するための媒体として、英語ではない新しい言語を創造しようとしたのだろうか?
自分の貧弱な語学力を棚にあげて、当時はそんな風に思っていました。(爆)
"Finnegans Wake"に比べたら(比較の対象が間違っているかもしれないが)、Stephen Kingの小説はどれもとても易しいよう感じました。

次は、the Stand を読もうと思っています。
途中、寄り道もするだろうからこれもまた1年くらいかかるかもしれません。(爆)
2016/05/08(Sun) 12:27 | URL | shige | 【編集
Finnegans Wake はたしか、学生時代の時に
英米文学購読で半期ほど読まされた覚えアリ(汗)

さっぱりわからんかったとおもいます。。。
他、オスカーワイルドの作品も「読まされ」ました(爆)

書評で「洋書ベスト100」ていう本を読んで、
キングでは、「NEEDFUL THING」があがっていました。初期の作品ですが、

キングの特徴をよく表してるとか、書いてたな~。
20代の頃、たまたま海外にいったときに本屋でNEEDFULTHINGの本を買ったんですよね。

で20ページほどで挫折したけど、このベスト100の本の紹介で

もう一回2年くらい前に「買い直し」ました(爆)
たぶん。。
読みやすくなってるはずなんだけど。英語力あがってるはず(爆)

いずれよみます。

今読んでる本が終わったら、ドラゴンタトゥーシリーズ4作目の予定です♪

お互い洋書生活楽しみましょう♪
2016/05/09(Mon) 10:04 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
主婦さんへ
James Joyceは、 "A portrait of the artist as a young man" を読んだことがあります。

さっき、"Finnegans Wake"のレビューをネットで検索して読んだら、レビューの英文も gibberish、jabberwocky、sesquipedalian な言葉の羅列であった!

I would start out composing a piece of surrealist free-association prose, usually violently satirical. As the teachers (or pupils or other humans) closed in around me, my prose would lapse into soothing gibberish. Sometimes I wrote a stream of pretty sounding words (I was a rabid sesquipedalian in my teens)-zeugmatic, antediluvian, milquetoast, mugwump.
Luscious lovely words!
Sometimes language broke down into neologisms or gibberish-boobleplop, artycary, frumpalerp, etc. Nervy, throbbing syllables…

Joyceに憑りつかれると、こんな英文(Joycean lines)を書きたくなるのでしょうか?

King の次の本は、Needfull Thingも評判もよさそうなのでそれを読むか、11,22,63にするか、The Stand かで思案中!
先日高島屋でやっと手に入れた『赤霧』(1人2本の限定販売だった)をロックでちびりちびりと飲みながら、これから思案します。
2016/05/09(Mon) 21:20 | URL | shige | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。