上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日(23日)の午後、秋らしい日和に誘われて、久しぶりに近くの公園でジョギングをした。その後、ちょっと植物園で休んでいたら、秋のバラが一本残っているのを発見した。
以下のような、俳句のようなものを英語で作ってみた。

Forgotten by the winds of autumn, left alone a pink rose .
rose2.jpg

これは、与謝蕪村の以下の句をパクっただけなのですが、(爆)
秋風の 吹きのこしてや 鶏頭花
スポンサーサイト
コメント
こちらのほうにこめんとありがとうございました~(^^♪

この写真いいなと思っててコメント入れようとおもってたとこでした♪
なんかいい英語の詩書いてるなと思ったんですが(爆)

バラといえば、ほら。。。ダイアナ妃のことを思って歌った「ENGLAND ROSE」ていう歌ありましたよね?

それ思い出したわ。。。
2016/11/28(Mon) 19:28 | URL | 大阪の主婦 | 【編集
主婦さんへ
エルトン・ジョンの Goodbye England's rose(or a candle in the wind)は、先日、カラオケで歌ってみました。
この曲はダイアナ妃にアレンジされたものが有名だけれど、元々はマリリンモンローについて唄った曲だったと思います。

さよなら、ノーマ・ジーン(マリリンモンローの本名)

Goodbye Norma Jean
Though I never knew you at all
You had the grace to hold yourself
While those around you crawled…

And it seems to me you lived your life
Like a candle in the wind
Never knowing who to cling to
When the rain set in…

今日はスタバかサンマルクで、ゆっくり本でも読もうと思っています。
2016/11/29(Tue) 18:43 | URL | shige | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。