アマゾンで、Kindle paperwhite ホワイトをプライム会員向けセールで、
8,980円で販売していたから衝動買いした。
(Kindle paperwhite Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報なし。)
ベゼルが白だと紙の本を読んでいる気持ちにより近く、読書にいっそう集中できるような気がする。
白い画面の延長に白いベゼルがあるだけで、黒いベゼルが視界に入って邪魔することもないから。

Kindle paperwhite はベゼルが大きく(特に下の部分)とてもダサいと思っていたが、白いベゼルだとあまり気にならなくなった。
白の Kindle はまだ少数派だから、外出先で取り出すときなどは目立って気持ちがいい。(爆)
ただ、Kindle paperwhite は、上位機種の Kindle voyage などと違って、画面が一段沈み込んでいるからそこはとてもダサいと思う。 (Kindle voyage も所有しています。)
それらの差異を除いたら、Kindle voyage と機能的にはそんなに差はないから、コスパはとてもいい。
上位機種の Kindle voyage だと内臓LEDが2つ増えて、明るさの自動調整機能があること。それと、ページめくりボタンがあることくらい。
個人的には、両機能ともそんなに必要としない。

むしろ審美的な差の方が大きく、Kindle paperwhite はベゼルが大きく、画面が一段沈んでいるのがイケていないと思う。

Kindle と Kindle Paperwhite の2つは、アマゾンが定期的にセールをやるから、その時が買いです。
Kindle Paperwhite のキャンペーン情報なしモデルだとセールで8,980円だったから(プライム会員のみではあるが)、Kindle voyage(Wi-Fi、キャンペーン情報なし)の25,980円に比べると、ほぼ1/3の値段だ。通常だと16,280円。

黒と白のKindle paperwhite、講談社現代新書とほぼ同じサイズです。
paperwhite3.jpg

普段は、百均で買ったiPad mini 用の袋に入れて持ち歩いています。
カバーはつけない派です。
Kindle paperwhite は200gくらいでとても軽いのだから、カバーをつけてわざわざ重くすることもない。傷がついてもまた買えばいいと割り切って、ガンガン使っています。

スマホやiPad などのkindle アプリを使って読めばいいわけで、わざわざ読書専用の端末を買う必要はないという意見もあるだろうが、Kindle のE-ink は紙の本に近く、目もそんなに疲れない。何故だか Kindle だとより読書に集中できる。
Kindle は数週間はバッテリーが持つから、充電に悩む必要もない。
旅行に出かけるときや、以前入院したときなんか特にKindle のお世話になった。(百冊以上の本を小さなKindle に詰め込んで入院できたから。)

日本で発売される前から、アメリカのアマゾンに発注してKindle を使っている愛好家です。


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック