上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道で行方不明になっていた男の子が見つかって本当に良かった。
このニュースは日本だけでなく、BBCやCNNなどの海外メディアでもトップニュースで報道されていた。
もう一つ世界でトップニュースになっていたのは、アメリカのシンシナティ動物園で子供がゴリラの檻の中に誤って転落して、無事に救出された事件。
こちらはゴリラが射殺されたから、必ずしもハッピーエンドとは言えないが。

⇒Harambe the gorilla: the zoo killing that’s set the internet on fire, explained
シンシナティ動物園で、母親がちょっと目を離した隙に4歳の男の子が誤ってゴリラの檻の中に転落した。
雄ゴリラがその子供を捉まえて、乱暴に扱っているように見えた。
麻酔銃は効力に時間がかかり、その間、ゴリラが興奮してかえって子供に危害が及ぶ恐れがあった。動物園はとっさの判断でゴリラを射殺して子供を救出した。

アメリカでは、ゴリラを射殺した動物園と子供をちゃんと見守らず檻の中に転落させてしまった母親に対して非難が殺到している。
ゴリラを射殺する以外に、子供を助ける方法はあったはずだと。
日本の北海道の事件でも、いたずらの罰として、子供を山中に置き去りにした親に対して非難が殺到している。
これは躾ではなく、虐待であると。

僕は動物学の専門家でもないし、子供の躾や育て方で何が正しいのかもよく分からない。
だからこうした議論は専門家にまかせて、僕が気になったのは、世間の非難に対して日本の親とアメリカの親が取った対応の違いについて。
これが日本とアメリカの文化の違いのようにも思えたから。

アメリカでは、母親は自分の子供が助かったことに対して真っ先に神に感謝していた。
次に子供を救出した人たちに対して、謝罪ではなく、感謝の言葉を述べていた。
騒ぐ世間に対しては、私たちをそっとして欲しいと要求していた。(We hope that you will respect our privacy at this time.)

"God protected my son.
I am thankful that the right people were in the right place today.
Thank you to everyone that helped me and my son today and most importantly God for being the awsome God that He is."
神様が私の息子を守ってくれた。
今日、正しい人たちが正しい場所にいてくれたことに感謝している。
私と私の息子を助けくれたみなさん、ありがとう。
そして何よりも、素晴らしい神様がいて息子を守ってくれたことにありがとう。

日本であんな騒動と被害(人に次ぐ知性を持った絶滅危惧種ゴリラの射殺)を引き起こした後、こんなコメントを出していたら、母親は世間から袋叩きにあったろうと思う。檻の中には他に8匹のゴリラがいたから、救出作業に携わる人も命がけだったはず。
北海道の事件では、父親は真っ先に、子供とその学校関係者、救出に携わった人たち、騒がせた世間に対して涙ながらに謝罪していた。
日本ではこれが正しい対応であり、世間からの非難を少しでも緩和するための最良の策なのだろう。

最近、オバマ大統領が原爆を落とした国の大統領として初めて広島の被爆地を訪問した。
広島での滞在中、大統領からは原爆投下に関して謝罪の言葉は一切なかった。
この政治判断の是非の議論はひとまず控えて、オバマ大統領にしろシンシナティ動物園の母親にしろ、謝罪は敗北とほぼ同義だから謝罪はするべきでないというアメリカ社会のkey tenet(基本教義)みたいなものが、その根底にあるように思った。

気候変動のせいか、一年のほとんどが夏と冬になったような気がする。
春は満開の桜のようにあっという間だ。
5月は暑い日も多く(室内の温度が30度)、先日、はじめてエアコンを使った。

4月から、NHKの語学講座、実践ビジネス英語を再開しました。
どうせ、直ぐに挫折するだろうけれど。
ジョギングも再び始めて、土日は近くの長居公園で5キロほど走っています。
これもちょっと暑くなったら、直ぐに挫折しそうな気がする。(汗)

Every summer, like the roses, childhood returns. -Marty Rubin
DSCF1442.jpg
ネットでは、ショーンKさんの英語がとてもうまいと評判になっている。
ぼくはまだショーンKさんの英語は聞いたことがないが、ネイティブ並みにうまいらしい。
すごく努力してこられたんだと思う。
学歴の詐称は褒められたことではないが、高卒が報道番組のコメンテーターをやってもいいんじゃないの。

ショーンKさんの学歴詐称がわかったとたん彼のコメントには中身がなかったと批判しているが、みんな学歴や肩書きで話を聞いているの?

ちょっと前たまたまテレビのスイッチを入れたら、池上何某という超有名でたぶん高学歴な人が時事解説をやっていた。
上っ面の知識の伝授はあったが、深い分析などは何もなくて内容もほとんどなかったように思う。
これは池上さんが悪いのではなく、1,2時間という限られた時間の中で、四方八方に気を使いながら、チャンネルを変えさせないために薄っぺらの知識でお馬鹿な視聴者をわかったような気持ちにさせなくてはならないからなんだろう。
こんなテレビの時事解説なんて、ショーンKさんでいいんじゃないの。
少なくとも、ショーンKさんは声とルックスは一流なんだから。(爆)
秋の午後の薄い光の中、コスモスが一面に咲いていた。
コスモスは、何故、秋桜(Autumn Cherry Blossom)と書くのだろうか?
そんなに桜の花に似ているとも思わないが・・・

cosmos4.png

昔、英語の授業で、Cosmosという言葉はギリシア語から来ていて、宇宙や調和を意味していると習った。(古代ギリシア人は宇宙は調和して秩序のあるものだと信じていたから。)

コスモスはメキシコ原産の花で、花弁が秩序よく均等に並んでいることから、コスモス(調和)という名前がついたそうだ。⇒Cosmos bipinnatus
The name Cosmos comes from the Greek kosmos, meaning order, harmony, or the world. According to a university website, Spanish mission priests in Mexico cultivated Cosmos in the mission gardens, and gave it this name, because of its “evenly placed petals.”
先々週末の夜半だったか、アマゾンを覗いていたら、JVC HA-FX850をタイムセールで21,750円(税込)で販売していました。
思わずクリックしました。(爆)
JVC HA-FX850はダイナミック型イヤホンの名機だと評判もよかったから。

このイヤホンを100時間ほどエージングしたので、印象を書いてみます。
まったくの主観ですが。(ポータブルアンプなしのウォークマンA16への直挿し、音源はWAVやFLACなどの無圧縮。)

FX850はダイナミック型フルレンジ一発のみだから、BA型やハイブリッドイヤホンに比べれば解像度や情報量は少ないのだろう。
が、そのぶん、低音や高音などの音帯がうまくまとまっていて聞いていて心地よい音だと思った。
低音はちょっと盛りすぎ。
インピーダンスは16Ωと低めだからアンプなしでも音量が不足するということはなかった。
FX850はモニター系の音を忠実に再生するというよりも、音楽を楽しむためのイヤホン。

このイヤホンの欠点はボディが重く、耳からはずれ易いということ。
FX850は歩きながら装着するタイプのイヤホンではなかった。
外出先でちょっと一息つきたいとき、公園のベンチや図書館の休息コーナーなどでゆったりと音楽に浸りたいときに使うイヤホンなのだろう。

fx8501.jpg



ぼくは日本の新聞はあまり読まないから、朝日などの日本のメディアが戦後70年の安倍談話をどう報道したのかは知らない。(談話はネットにアップされていたのを読んだ。)
個人的には、安倍首相の談話はとてもよかったと思う。
とくに以下の言葉には共感できた。

『あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。』

戦後生まれで70年前の戦争に何の関わりもない安倍首相が、謝罪の言葉を陳べなければならないとしたら、そのことが異常だろう。

安倍談話とも少し関連しているのだが、イギリスの有名な雑誌、The Economist の8月15日版のトップ記事はおもしろかった。
『習の歴史の教訓』。
サブタイトルは、”中国がいかに歴史を強奪しているか”。

⇒Xi’s history lessons

一部を抜粋して翻訳すれば、

『悪魔化することの危険性。
中国が日本を悪魔のように見なすのはフェアでないばかりか、危険なことでもある。 国家的な敵愾心を煽ることばかりやっていると、いつもそれをコントロールできるとはかぎらないのだ。いまのところ、日本が領有している尖閣(Diaoyu)諸島に対する中国の挑発は武力による脅かしだけで、流血にまではいたっていない。しかし、ちょっとした計算違いがさらに悪い事態を引き起こす危険性はつねに孕んでいる。』
The dangers of demonisation
China’s demonisation of Japan is not only unfair; it is also risky. Governments that stoke up nationalist animosity cannot always control it. So far, China’s big show of challenging Japan’s control of the Senkaku (or Diaoyu) islands has involved only sabre-rattling, not bloodshed. But there is always a danger that a miscalculation could lead to something worse.

この記事はThe Economist の記事の中で、もっとも多くのコメントが寄せられていた。ほとんんどがjingoisticな中国人によるゴミのようなコメントばがりだったが。
9条信者には、是非この記事と中国人のコメントを読んで欲しい。
英語の学習にも役立ちますよ。
コメントは英語学習者が書いてはいけない、間違った英語(Chinglish)のサンプル集みたいなものだったから。(爆)

最後に一言だけ付け加えれるならば、この記事のタイトル、『習の歴史の教訓』とはどういう意味だろうか?
ぼくには、中国にしろ韓国にしろアメリカにしろイギリスにしろ、あるいは日本のリベラルにしろ保守派の人たちにしろ、それぞれの歴史解釈のバージョンがあるだけのように思えるのだが。
ぼくは歴史の本当の教訓は、これはとても残念なことだけれど、ヘーゲルの次の言葉の中にあると思う。

『人は歴史から何も学ばないということを、私は歴史から学んだ。』

いままで FUJIFILM X10 というコンパクトカメラを愛用していました。
何となく、もう一つ上位機種のカメラが欲しくなりました。
別に、一眼レフはいらないが。
カメラにはPCやスマホのように先端の機能を求めないから、FUJIFILM X10 のようなクラシカルな佇まいのカメラが欲しい。
X10 とこれの後機種、X20 は機能もレンズもデザインもよかったのに、最新のFUJIFILM X30になってからは光学ファインダーが廃止されて、なんとなくダサくなったように思う。

ずっと昔、フィイルムカメラの時代、minox35 というコンパクトカメラが大好きでいつも持ち歩いていました。(当時、35mmフィルムカメラでは世界最小だった。)
オートフォーカスはなくて、目測でピントを合わせるようなカメラだったけれど、失敗してもそのピンボケ写真がお気に入りだったりした。(もっとも minox35 は絞り優先のみのカメラだったが、パンフォーカスなレンズを装備していたから失敗は少なかった。)
minox35にはあでやかさはなかったけれど、カラッとした色合いの写真を量産していたと思う。
ネットで検索したら、世界中にminox35 愛好家がいたのをあらためて確認しました。 ⇒In Defense of Minox 35's

・To me, it is what the original Leica was: a very small and unobtrusive
fixed-lens camera of remarkable optical precision.

・But their great lens, which you grudgingly acknowledge, makes them one of the greatest tiny 35s ever made.

・The Minox 35 lets me shoot people in ways that I could never get away with anything larger and more "pro"-looking. Part of the beauty of the Minox is that same plastic look you don't like: Nobody takes it seriously.
The Minox 35 user is just another idiot tourist with a trashy little camera taking snaps that probably won't even come out. Nobody ever cares.

minox35 ↓
minox1.png


たぶん、睡蓮だと思う↓
睡蓮

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。