上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、読んだ本は、
「2020年、日本が破綻する日」 小黒 一正著。(日経プレミアムから出版)
いま、読んでいる英語の本は、
「The map that changed the world, by Simon Winchester」

本当はこれらの本について書きたいけれど、科学ネタや政治経済ネタを書く心の余裕がまったくない。
本の内容を咀嚼しながら、それを自分なりにまとめようとしたら、かなりのエネルギーが必要となるから。。。

今回は、かわりに、iPhone5の噂やauの春の新機種の話などを。

1月16日に、auの春の新機種が発表された。
その中には、Wimax対応のGalaxyがあった。

いまのauは、なんでもありのようだ。
去年、auからWindows phoneとiPhone4sが発売された。
さらには、Docomoに独占的に供給されるものだと思っていた、XperiaやGalaxyさえもが発売された。
これで、Docomoとソフトバンクの売れ筋の携帯が、auでも買えることになった。

アメリカの携帯会社の話をすれば、主要なキャリアは、GMS通信方式(docomo、ソフトバンクと一緒)ではAT&AとT-mobile、CDMA通信方式(auと一緒)ではVerizonとSprint Nextelなど。

これはまったくの噂で確証はないのだけれど、アメリカでは、Wimax対応のiPhone5がSprint社向けに独占的に発売されるそうだ。
これのソース元は、The Wall Street Journalで、あくまでも噂。
アップル社の秘密主義は有名で、実際の製品発表まではその内容を予測するのは、ほぼ不可能だから。

The Wall Street Journalによると、iPhone5が最初にWimax対応でSprint社向けに、一定期間独占的に発売されて、それからVerazon版や、LTE対応のiPhone5がAT&Aなどで発売されるそうだ。
Sprint社は、AT&A社やVerizon社などに比べてユーザ数も少なく、現状を打破するために、アップル社にに200億ドル以上のお金を払って、一定期間、Wimax対応のiPhone5の独占販売権を受けるようにしたという内容。

これが日本にも適応されるのなら、最初に、auからWimax対応のiPhone5が発売されるとことになるのだろうか。

私は、個人的には、LTEかWmax対応していなくて、テザリングもできないような携帯電話は買うつもりはない。
Xperiaに変更しようと思っていたけれど、Xperiaの新機種は、au版ではWimaxに対応していないし、Docomo版ではLTEに対応していない。
いまの携帯(IS03)でもそんなに不満もないから、このまま使い続けようと思った。
もし、iPhone5が画面サイズが4インチ以上で、LTEかWimax対応で出るのなら、欲しいような気がする。

参照記事の一部。
Sprint scores iPhone5 exlusive...
I have been told that Sprint will be getting the iPhone 5 ― yes the real iPhone 5, not the iPhone 4S ― as an exclusive. And it will be a 4G WiMAX device. AT&T and Verizon would launch the iPhone 4S and get the iPhone 5 some time in the first quarter of next year as an LTE device. Globally, the iPhone 5 might be available as a 4G HSPA+ device.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:au
ジャンル:携帯電話・PHS
「ブラウザはGoogle Chrome、IMEはATOK、この組み合せがかっこいい!」

少し前、twitterのタイムラインに、こんなツイートを見かけました。
たしかに、PCのChromeは、動作が軽快だという話をよく聞きます。

残念ながら、ぼく自身は、Add-onなんかの設定をやり直すのが面倒なので、Chromeに引っ越しできないでいます。(Firefoxを使用中。)
アンドロイド携帯では、メインのブラウザはBoat Browser miniです。Google Chromeがアンドロイドで出れば、使ってみたいとは思います。ただ、Firefoxの例もあるように、PCとモバイル端末での人気は、まったく別なようです。
また、Googleは、android OSに、Browserというブラウザをすでに提供しているし、新たにChromeを作る予定はないのかも?

最近は、PCでもモバイル端末でも、ブラウザのシェア争いが激しくなっている模様で、このブログのブラウザ分布率も気になったので、QLOOK解析で調べてみました。

qlook1.png
↑9月3日の来訪者のブラウザ分布、(図をクリックして拡大)

*IE全体で、313名
*Chrome全体で、116名(WebKitには、Safariを若干含む。)
*Firefox全体で、90名
*それ以外(Operaなど)、19名

IEが圧倒的に強いのは当然としても、Chromeが2番目に伸びていました。
やっぱり、Google Chromeは勢いがありそうです。

ついでに、アンドロイド携帯のブラウザの人気ランキングも調べてみました。

browser1.png

→Appllio、ブラウザアプリランキング 2011.7.13

第1位のAngel Browserや第2位のDolphin Browser HDは、多機能で人気があるのだと思います。
とくに、Angel Browserは以前のGalapagos Browserのときから人気のブラウザでした。
Firefox for androidは圏外でした。これからバージョンアップして、もっと多機能でキビキビと動くようになればシェアもアップするのだと思います。

個人的には、アンドロイドのブラウザでは、1位のAngelや2位のDolphineよりも、Boat Browser miniが好きですね。(スペースの都合上、5位までを表示しましたが、6位に入っていました。)
もちろん、ブラウザは慣れと好みの要素が強く、一概にこれがいいとは断言できないのですが。
だけど、ぼくみたいに初期のアンドロイド携帯で、ハードのスペックが非力だと、Boat Browser miniみたいな軽快なブラウザの方がいいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:インターネット
ジャンル:コンピュータ
夏場になると、外気温の上昇につれてPCと周辺機器の温度も上昇する。
以前はクーラーで室温を下げたり、扇風機を当てるなどで対応していたけれど、今年の夏は電力会社からの節電要請もあって、クーラーは高めの設定になりそう。

よけいにPCと周辺機器の温度が気になる。とくにハードディスクは熱に弱いといわれるから、ハードディスクの温度状況は把握しておいた方がいいと思う。

ぼくは、"SmartChecker Mini"で温度のチェックをしている。
これは、ハードディスクの劣化状況を表示するツールですが、同時に温度も確認することもできる(→①)。

SmartChecker
hd10.png
上の図をクリックすれば、拡大して表示されます。

SmartCheckerは、温度だけではなく、ハードディスクのS.M.A.R.T.の各情報を表示する。

 ②しきい値。現在値がこれをを下回ると、ハードディスクの交換が必要?
 ③最悪値。 S.M.A.R.T.の各値が過去最悪となった数値。
 ④ピンク色のメモリバー。重要項目を表わし、この項目の劣化率が大きくなる
  とハードディスクが故障する可能性が大。

⇒ダウンロード先。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se450718.html
(WindowsXP,VISTA,7で動作)

定時的に、ハードディスクの温度を確認したいのなら、"Mam's S.M.A.RT reader"が便利かも。(下の図)

Mam's S.M.A.RT Readerの温度表示
mams1.png

⇒ダウンロード先。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se377883.html
(Windows7でも動作)

またこれら以外に、PCを直接冷却しようと思って、"SX-CL10BK"を購入した。
これは、ノートパソコンの下に敷いて、ファンで送風してPCを直接冷却するタイプ。(日本橋のジョーシン電気で、2,980円)


SX-CL10BK
ima1.png


静音設計のためか、風力が弱く、強力な冷却を期待する人には向きないけれど、自分にはこれで十分だと思う。
クーラーをつけない状態で、45°くらいまで上昇していたハードディスクの温度が、38°前後まで下がった。


参考記事
S.M.A.RT Reader、夏場のハードディスクの温度チェック
ハードディスク関連で、お勧めのフリーソフト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:コンピュータ
ジャンル:コンピュータ
携帯の夏機種が、Docomo、au、ソフトバンクの各社から発表されました。
その中でも、ソフトバンクの"Aquos Phone 007SHJ"は面白いと思いました。
これは、Android携帯なのに外観はまったく二つ折りのガラケー。キーボタンでの入力も可能だというもの。やっぱり、このカタチが一番持ちやすく、通話も楽ですね。

sb1.png
←Aquos Phone 007SHJ
爪が長くて、タッチパネルが打ちずらい若い女性向けなのかな?
写真のように、ピンク色が用意されているし。。。

だけど、個人的に欲しいのは、Docomoが出すデュアルコアを搭載したGalaxy S2。
本当はソニエリのXperiaシリーズがデュアルコアを搭載していたら、一番に欲しかったのだけれど。
iPhone5がデュアルコアで今秋に発売されるのならそちらの方がいいのかな。
できたら、iPhone5はキャリアフリーで、Docomo、au、softbankの各携帯会社から発売して欲しい。

もっとも携帯の場合は、キャリアの縛りがあるので簡単に買い替えることはできません。
やっぱり2年間使い続けることができるかと、慎重になりますね。
1ヵ月の費用が単純に1万円としても、24万円の購入になるわけですね。


実はいま、携帯よりもパソコンの購入を検討していて、macかwindowsかで悩んでいるところです。

最低でも、CPUはクアットコアで、i7-2720QM プロセッサーくらいは欲しい。
もちろん、フルHD液晶で、ついでにブルーレイドライブも搭載していて欲しい。
メモリは8GBくらいで大丈夫なのかな。

そうすると、やっぱりwindowsマシンになるのかな。。。
余裕があれば、2台欲しいのですが。

参考記事
au IS03の感想とAndroidの英語学習アプリ
読み聞かせデジタル絵本(英語) for Android

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最近、Firefoxを使用しているときに、PCがフリーズすることが起きていました。
たぶん、「Metabofix」というツールが原因で、レジストリの不具合とは関係ないとは思うのですが。(「Metabofix」は、Firefoxのメモリを強制的に定期的に解放させるツールです。)

今日、Glary Utilitiesを使って、ひさびさに不要なレジストリ・エントリを消去しました。
(Glary Utilitiesは、レジストリのクリーニングなどをしてくれる、フリーのソフトです。)

ほんとは、確認してから消去した方がいいのですが、一切をソフトにまかせました。PCの調子が悪くなったら、システム復元で前の状態に戻せばいいだろうと思って。(レジストリの操作は、リスクが伴うことなので、やられる場合は自己責任で。)
参照記事 ⇒レジストリクリーニングのあれこれ

Glary Utilitiesで、レジストリをスキャンしたら、154個の問題点を発見しました。

glary14.png

上の図をクリックすれば、拡大して表示されます。

とりあえず、修復しました。たぶん、Glary Utilitiesというソフトは、危険そうなエントリは、そのままに放っているのだと思います。そのぶん、効果はあまり期待できないのかもしれませんね。
いまは、Firefoxのフリーズもごくまれに起きるだけですが、もし頻繁に起きるようになったら、「Metabofix」を一度外してみるつもりです。
参照記事
Windowsユーティリティのシステム復元
このブログのブラウザ分布率、Firefox 3を軽くするツールなど
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:PC不調
ジャンル:コンピュータ
[11/17に追記]
「MetaboFix」を入れて、Firefoxの操作をしないでしばらく(1時間くらい)放っておくと、ときどきFirefoxがフリーズを起こすようになりました(因果関係はよく分からないのですが)。たしかに、メモリ消費を抑えてくれるのはうれしいのですが、そこらへんの判断が微妙なので、インストールされる場合は注意してください。

[本文]
下の図は、10/9日に、このブログへアクセスされた方のブラウザ分布率です。
(1日だけですが、1ヵ月平均でもこの配分はほとんど変わりません。)

ブラウザ01

上の図をクリックすれば、拡大して表示されます(QLOOKアクセス解析)。

  *IE全体で、61%
  *Firefoxで、23%
  *GoogleChrome/Safariで、12%
  *それ以外(Opera、携帯電話など)

個人的には、携帯からのアクセスが、わずか3件とは少なすぎるのではないかと思うのですが。
GoogleChromeが12%くらいに伸びていました。やっぱり、最近、GoogleChromeに乗り換える人が多いんですね。世間では、「第三次ブラウザ戦争が勃発している」と云われているとか。。。

わたしは、ずっと、Firefoxを使ってきました。

Firefoxを使い慣れていて、さまざまな拡張機能も入れているので、簡単に他のブラウザに乗り換えるわけにはいきません。これらの機能を、IEやGoogleChromeで実現しようとすると、かなり大変な作業になるはずですから。

ただ、Firefoxの最大の欠点は、メモリを消費しすぎるということですね。
いろいろと拡張機能を入れて、タブをいくつか開けていくと200MBくらいは、すぐにオーバーしてしまいます。

解決策はないのかと、ネットを調べたら、「MetaboFix」という便利なツールを発見しました。

「MetaboFix は、Firefox が使用しているメモリを定期的に開放するツール」とのこと。

firefox6.png

上の図は、MetaboFixを常駐させたときのFirefoxのメモリ使用率です。
200MBも使用していたメモリが、わずか1.8MBまで下がっています。

これだったら、iTunesとFrefoxを同時に動かしても、問題はないと思いました。(iTunesもFirefoxと同じように、メモリ喰いのメタボなソフトウェアです。)

そもそもFirefoxは使っているうちに、どんどんメモリを消費してしまうブラウザなのだそうです。まあ、いろいろとカスタマイズができて、使い勝手のいいブラウザではあるのですが。

MetaboFixは、次のサイトで落とすことができます。使い方は簡単で、インストールして解凍するだけです。
⇒MetaboFix
参照記事
メモリ上の不要なプロセスを削除する
Thunderfix(Thunderbirdを軽くするツール)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:ブラウザ
ジャンル:コンピュータ
バージョンアップするごとに、動作が重くなってくるメールクライアントのThunderbirdですが、その原因の一つにmsfファイルの存在があるらしい。
(msfファイルは、メールの見出し、発信元などの情報を記載した要約ファイルのこと。)

Thunderbirdでは、このmsfファイルが破損してエラーを起こしたり、肥大化して動作が著しく低下することがあります。

「Thunderfix」は、このmsfファイルを削除してくれるツールです。

「Thunderfix」のサイトにこんな解説がありました。
Thunderfix is a small tool that can fix Mozilla Thunderbird performance. If you have more GB of emails stored in Thunderbird and if you are experiencing slow start time, slow navigation through email folders, you might try Thunderfix.「Thunderfixは、メールクライアントのThunderbirdのパフォーマンスを修復するためのツール。Thunderbirdの中にメールが溜まり過ぎていたり、また、起動や動作が遅いと感じたら、一度、Thunderfixを試してみるべきです。」

お言葉にしたがって、試してみましょう!

thunderfix.png

上図で、profile名を入力して、「Fix profile」をクリック(Profileを設定していなかったら“default”と入力)。
続けて、「はい(Y)」をクリック。

これだけで、msfファイルの再構築が完了しました。

起動するのに、1分弱かかっていたThunderbirdが、20秒くらいに短縮されました

ThunderFixは、以下のサイトでダウンロードできます。(説明は英文になりますが、感覚的に分かりやすいです。)
http://www.parhelia-tools.com/products/thunderfix/thunderfix.aspx

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。