上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマゾンで、Kindle paperwhite ホワイトをプライム会員向けセールで、
8,980円で販売していたから衝動買いした。
(Kindle paperwhite Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報なし。)
ベゼルが白だと紙の本を読んでいる気持ちにより近く、読書にいっそう集中できるような気がする。
白い画面の延長に白いベゼルがあるだけで、黒いベゼルが視界に入って邪魔することもないから。

Kindle paperwhite はベゼルが大きく(特に下の部分)とてもダサいと思っていたが、白いベゼルだとあまり気にならなくなった。
白の Kindle はまだ少数派だから、外出先で取り出すときなどは目立って気持ちがいい。(爆)
ただ、Kindle paperwhite は、上位機種の Kindle voyage などと違って、画面が一段沈み込んでいるからそこはとてもダサいと思う。 (Kindle voyage も所有しています。)
それらの差異を除いたら、Kindle voyage と機能的にはそんなに差はないから、コスパはとてもいい。
上位機種の Kindle voyage だと内臓LEDが2つ増えて、明るさの自動調整機能があること。それと、ページめくりボタンがあることくらい。
個人的には、両機能ともそんなに必要としない。

むしろ審美的な差の方が大きく、Kindle paperwhite はベゼルが大きく、画面が一段沈んでいるのがイケていないと思う。

Kindle と Kindle Paperwhite の2つは、アマゾンが定期的にセールをやるから、その時が買いです。
Kindle Paperwhite のキャンペーン情報なしモデルだとセールで8,980円だったから(プライム会員のみではあるが)、Kindle voyage(Wi-Fi、キャンペーン情報なし)の25,980円に比べると、ほぼ1/3の値段だ。通常だと16,280円。

黒と白のKindle paperwhite、講談社現代新書とほぼ同じサイズです。
paperwhite3.jpg

普段は、百均で買ったiPad mini 用の袋に入れて持ち歩いています。
カバーはつけない派です。
Kindle paperwhite は200gくらいでとても軽いのだから、カバーをつけてわざわざ重くすることもない。傷がついてもまた買えばいいと割り切って、ガンガン使っています。

スマホやiPad などのkindle アプリを使って読めばいいわけで、わざわざ読書専用の端末を買う必要はないという意見もあるだろうが、Kindle のE-ink は紙の本に近く、目もそんなに疲れない。何故だか Kindle だとより読書に集中できる。
Kindle は数週間はバッテリーが持つから、充電に悩む必要もない。
旅行に出かけるときや、以前入院したときなんか特にKindle のお世話になった。(百冊以上の本を小さなKindle に詰め込んで入院できたから。)

日本で発売される前から、アメリカのアマゾンに発注してKindle を使っている愛好家です。


昨日(23日)の午後、秋らしい日和に誘われて、久しぶりに近くの公園でジョギングをした。その後、ちょっと植物園で休んでいたら、秋のバラが一本残っているのを発見した。
以下のような、俳句のようなものを英語で作ってみた。

Forgotten by the winds of autumn, left alone a pink rose .
rose2.jpg

これは、与謝蕪村の以下の句をパクっただけなのですが、(爆)
秋風の 吹きのこしてや 鶏頭花
今年の3月、グーグルが開発したAI 「AlphaGo」 が、世界トップ棋士の一人、韓国のイ・セドル9段と囲碁対局をして4勝1敗で勝利した。(イ・セドル9段は、囲碁界のフェデラーみたいな人。)

たしか1997年、IBM が開発したディープ・ブルーというチェス専用コンピュータが当時のチェス世界王者カスパロフを2勝1敗で打ち負かした。
これはコンピュータが盤面のある局面から、有効な手筋をすべて検索して必勝手を指すという力技だったと思う。
チェスは盤面の目数(8×8)が圧倒的に少なく、敵の駒を取ればその駒が盤上から消えるから、こうした力まかせも可能なんだろう。

一方囲碁ゲームは、盤面の目数が19×19 とチェスに比べて天文学的に増えるからこうした手法は不可能。
よく例えられるのが、囲碁では検索数が宇宙にある原子の総数 (約1×10^80) よりも多くなるということ。
囲碁の場合、可能な検索数は 1×10^171 だそうだ。

AlphaGo 以前の囲碁ソフトは、モンテカルロ法という統計学的手法を用いていたと思う。
モンテカルロ法とはプログラムされた評価関数に従って、AIが終局までをシミュレーションして、より勝率の高そうな着手を選択していくという手法。
これだとAI (人工知能)の棋力は、コンピュータのハード性能、ソフトのアルゴリズムなどに依存する。
囲碁は局面によって前の手の価値が動的に変化していくから、有効なアルゴリズム(評価関数)を作るのが困難だという話もよく聞いた。

今回、グーグルが開発した AlphaGo のすごいところは、囲碁に特化したプログラムではなくて、汎用のAI だということ。
AlphaGo に囲碁のルールを覚えさせたら、後は人間が学ぶように、AlphaGo が繰り返し(何百万回と)囲碁を対局してデータベースを増やしていき、勝率の高かった手筋を次々と覚えていくというやり方。
AlphaGo はこのやり方で自分で囲碁を学習して、世界で一番弱い碁打ちから、わずか1、2年で世界のトップ棋士を打ち負かすようになった。
今回の勝利は、ディープ・ブルーと比べても、歴史的な大事件なのだろう。
AlphaGo は車の自動運転、病気の自動検診など、様々な分野にも実用化されていくのだろう。
囲碁は自動運転や病気の自動検診などと違って、人の健康や生き死にに直接関係しないから、AlphaGo の性能を示す恰好のターゲットになっただけだから。
ちょっと残念だが、さっそくグーグルとアメリカ国防省は、AlphaGo を応用して自分で状況を判断して敵を殲滅するような戦闘ロボットを開発中だという話を聞いた。
SF作家のアシモフはロボット(あるいはロボット設計者)が守らなければならないロボット三原則を提唱したが、最初からそれが破られているわけだ。
  1. ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
  2. ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第1条に反する場合は、この限りでない。
  3. ロボットは、前掲第1条および第2条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
・・・・・こんな風なことを書いていたら、久しぶりに囲碁を打ちたくなって、囲碁ソフト 「世界最強銀星囲碁15」 と対局してみた。
コンピュータの棋力を3段、考慮時間を一手60秒に設定。
使ったのは東芝のノートPC
CPU Corei5 1.60GHz、最大2.60GHz
メモリ 8GB
SSD 256GB

以下はそれの272手までの棋譜です。(ぼくが黒持ち)
ぼくの棋力はアマ2段くらいだと思うが、コミ分を引いてもまだぼくの方が優勢だと思う。(爆)
銀星囲碁 はけっこう強く、ソフトの棋力を3段に設定すると勝ったり負けたり・・・。
4段以上、考慮時間も60秒以上与えたら、ぼくが互い先で勝つことはほとんど不可能だろう。 まだ試していないが。
銀星囲碁 の棋力は、アマ4段くらい?
たまにヨセで明らかにおかしな手を打つが・・・

以下の棋譜は、クリックして拡大。
銀星17

銀星囲碁は、地よりも中央の厚みを重視する打ち方。
これは AlphaGo も同じ。
隅や辺の地をとって安心していると、中央に厚みを作られて地合で負けてしまう。
厚みに近づくと、銀星囲碁は簡単に目を作らせてくれず、よく石が殺される。
今回は、銀星囲碁に厚みを作らせない作戦に切り替えて成功しました!

以下は、現在市販されている最強の囲碁ソフト。
小林光一名誉棋聖に3子で勝ったそうだから、アマでこれに勝てる人はいないのだろう。
ソフトの性能を十分に発揮させるには、Core i7-6700K クラスのパワーが望ましいように思います。
It rains a lot more than it usually does recently.
Personally, I like rain, as long as I don't have to venture out into it.
I like watching the rain falling outside and hearing the sound of it hitting against the window.
It always makes me want to have a cup of coffee.

9月は雨が多いと覚悟していても、それにしても多すぎる。
もっとも急いで外に飛び出す必要のない休日の雨は、わりと好きなのだが・・・。
とくに外の雨を眺めながら、部屋でゆったりと飲むコーヒーが好きだ。

rain2.jpg

書きたいことはいろいろあるのだが、忙しく、そのための時間と気力がない。
昨日(9/12)、アマバンをやっている知りあいがライブをやったので参加しました。
月曜日で雨も降っていたが、それにも関わらず、観客も40人ほど来ていて大盛況だった。

live2.jpg


ベース担当で、ライブ主催者のシゲタさんと
kokoro1.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。